トムソンダウエント沿革

 

トムソンダウエント 沿革

1951: Monty Hyamsダウエント設立企業のパテントマネジャーをしていた化学研究者Monty Hyamsが独立しダウエント社を設立
イギリス特許情報サービスを開始
1959: 日本市場にて特許情報サービスを開始
JUNI (現、日本技術貿易株式会社(NGB))を代理店として英国特許およびベルギー特許文献の提供を開始
1963: 医薬関連特許情報サービス、FARMDOCを開始
(1968年 日本FARMDOC協議会(JFA)が発足)
医薬文献情報を収録したバイオメディカル・データベース(RINGDOC、現 Derwent Drug File)サービスを開始
(1965年 RINGDOC日本支部会、現 日本製薬情報協議会(PIAJ)が発足)
1964: 農薬/動物薬関連特許情報サービス、AGDOCを開始
(1978年 日本AGDOC/CHEMDOC協議会が発足)
1966: The Thomson Corporation Group の一員となる
プラスチックやポリマー関連特許情報サービス、PLASDOCを開始
(1970年 日本PLASDOC協議会(JPA)が発足)
1968: 作物保護や害虫成長調節剤などに特化した農薬関連データベース、PESTDOCサービスを開始
(1994年 日本PESTDOC協議会が発足)
1972: 世界40ヶ国以上の特許発行機関の情報が集約されたデータベース、Derwent World Patents Index®(DWPISMサービスを開始
1975: 完全索引化されたDerwent WPI オンライン(コマンド検索)データベースの提供を開始
1978: 電気/電子関連特許サービス、Electrical Patents Index (EPI) の開始
(1981年日本 EPI協議会(JEA)が発足)
1983: Derwent WPI をDialog 社およびQuestel 社の商用オンライン検索システムに搭載
1993: 3月 - ダウエント・パブリケーション・日本、日本市場にて営業開始
Derwent WPIをSTN社のデータベースに搭載
2000: 創業者Monty Hyams、"International Patent Informa-tion (IPI) Award"を受賞
Derwent WPI の発明収録1,000万件、特許収録2,000万件を突破
2001: ダウエント社 創立50周年
2002: 社名をトムソンダウエントとして、ISI社の学術文献情報も提供開始
2004: トムソンサイエンティフィックとして活動開始
2008: トムソン・ロイターとして活動開始
2011: Derwent World Patents Index®(DWPISM)は、記念すべき第2000万件目の発明を収録