トムソン・ロイター シンポジウム 2015

The State of Innovation ~イノベーションの最前線~

トムソン・ロイター シンポジウム 2015

終了いたしました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

トムソン・ロイター シンポジウム 2015

The State of Innovation ~イノベーションの最前線~

この度トムソン・ロイターでは、企業・大学・研究機関のマネジメントの皆様を対象に、シンポジウム「The State of Innovation ~イノベーションの最前線~」を開催いたします。

これまで研究開発で多く用いられてきた情報もここ数年で変化が見られるようになりました。既に「ビッグデータ」という言葉を耳にするようになって久しい今、取り扱う情報の膨大化・多様化を見据えて、ビジネスや研究開発に役立てる情報にまで発展させ、有効活用することが重要な課題となってきています。

一方ではアプリケーション技術の進展により、膨大な情報がワークフローに取り込まれ、業務の効率化が図られています。さらにはそこから戦略的な意思決定に導いていくような取り組みもグロバールに行われてきております。

そこで、本シンポジウムでは、Innovation & Informationをテーマに国内外の最先端データマネジメントと活用事例を織り込みながら、世界的な動きを探る場を提供致します。

ライフサイエンス分野におけるビッグデータの活用、科学研究分野における研究資金の獲得から成果までのリサーチマネジメント、オープンイノベーションにおける研究パートナーの特定、クロスボーダーな事業・技術投資の決定など、課題は多岐に渡ります。内外のベストプラクティスを学び、各分野のイノベーションの最前線を体験することができる「トムソン・ロイター シンポジウム2015」に是非お越しください。

セミナー名 トムソン・ロイター シンポジウム 2015
The State of Innovation ~イノベーションの最前線~
主 催 トムソン・ロイター
対 象 企業、大学・研究機関のマネジメントに携わる方
日 時 2015年6月1日(月) 10:15~17:30 (受付開始:9:45~)
場 所 東京コンファレンスセンター・品川 5階 (会場までの地図)
大ホール・コンファレンスルーム(406)
参加費 無料
定 員 250名(先着順・事前申込必要)
スケジュール 午前の部
  • 基調講演Ⅰ:Innovation 9.0: 見たくない世界を見よう
  • 基調講演Ⅱ:ビッグデータ活用への期待と障壁 ~イノベーションの基盤への可能性~
  • ディスカッション:トムソン・ロイターができること~イノベーション・ライフサイクルを通じて
午前・午後共通
ポスターセッション:データから戦略へ~科学技術のデータベース世界NO.1企業が、経験とノウハウに基づきカスタマイズで創り出す、データを駆使した戦略立案用の情報とは?~

午前・午後通してご参加の方にはネットワーキングランチをご用意しております。
ランチ後に各ソリューション別の会場に分かれ、分科会を行います。
 

午後の部(分科会)
ライフサイエンス
ソリューション

医薬品研究開発における
今後の情報活用・
ナレッジマネージメントとは

~国内外のケーススタディ
を例に~

午後の部(分科会)
学術情報ソリューション
情報時代における
科学と研究

~大規模情報時代における研究活動のあり方~

午後の部(分科会)
知財情報ソリューション
M&Aは知的財産を
どう変えるか

~グローバル競争時代の
技術戦略~

詳細・申込

午前の部および分科会
ライフサイエンス
ソリューション

終了いたしました
詳細 >

午前の部および分科会
学術情報ソリューション


終了いたしました
詳細 >

午前の部および分科会
知財情報ソリューション


終了いたしました
詳細 >

※同業者の方のお申し込みはお断りさせていただいております。
午前の部
9:45~10:15 受付
10:15~10:20 オープニング
トムソン・ロイター
トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社 代表取締役社長
長尾 正樹
10:20~11:10 基調講演Ⅰ
Innovation 9.0: 見たくない世界を見よう
一橋大学 イノベーション研究センター教授 米倉 誠一郎

要旨:インターネット・オブ・シングス(IoT)とビッグデータが席巻する世界は、多くの産業にとっては「見たくない世界」の到来なのかもしれません。ビジョンとは点在する優れた要素を一つの方向性に纏める力です。日本に点在するさまざまな能力を纏め上げ、新たなイノベーションにつなげていく方法論を考えます。
11:10~11:20 Q&A
11:20~12:05 基調講演Ⅱ
ビッグデータ活用への期待と障壁 ~イノベーションの基盤への可能性~
株式会社日経BP 日経デジタルマーケティング/日経ビッグデータ編集長
杉本 昭彦

要旨:ビッグデータ活用の効果として企業が期待を寄せる「新たな事業の創造」「顧客数の増加」「製品の品質改善」などの実現は、必ずしも簡単ではない――。そうした現実が、日経ビッグデータの独自調査から明らかになりました。
一方で、ビッグデータは様々な産業のイノベーションの基盤となり、新たなビジネスを創造していくと、我々は考えています。ビッグデータへの期待を幻滅に終わらせないためにはどうすべきか、日経ビッグデータ、日経デジタルマーケティング両誌の取材活動から得られたヒントを共有いたします。
12:05~12:15 Q&A
12:15~13:00 ディスカッション
「トムソン・ロイターができること ~イノベーション・ライフサイクルを通じて」
<パネリスト>
トムソン・ロイター IP&Science最高責任者
バジル・モフタ
トムソン・ロイター ヴァイスプレジデント プロフェッショナルサービス
グレアム・バーバー
トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社 代表取締役社長
長尾正樹
13:00~14:00 ネットワーキングランチ ※午前・午後の部通してご参加の方
午後の部(分科会)14:00~17:00

ライフサイエンス ソリューション
医薬品研究開発における
今後の情報活用・ナレッジマネージメントとは

~国内外のケーススタディを例に~

学術情報ソリューション
情報時代における科学と研究
~大規模情報時代における研究活動のあり方~

知財情報ソリューション
M&Aは知的財産を
どう変えるか

~グローバル競争時代の
技術戦略~

終了いたしました 詳細 >

終了いたしました 詳細 >

終了いたしました 詳細 >

午前・午後共通

ポスターセッション

データから戦略へ
~科学技術のデータベース世界NO.1企業が、経験とノウハウに基づきカスタマイズで創り出す、データを駆使した戦略立案用の情報とは?~

※プログラムは変更されることもありますので、予めご了承下さい。
演者プロフィール(プログラム順)

米倉 誠一郎
一橋大学イノベーション研究センター教授/日本元気塾塾長


米倉

1953年東京生まれ。一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。
2012年~2014年はプレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務、現顧問。


現在、一橋大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長をも務める。また、2001年より『一橋ビジネスレビュー』編集委員長を兼任している。


イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。


著書は、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』など多数。

杉本 昭彦
株式会社日経BP 日経デジタルマーケティング/日経ビッグデータ 編集長


杉本 昭彦氏

1991年4月に日経BP社へ入社。
調査部門、出版部門を経て1996年3月にインターネット専門誌「日経netn@vi」創刊時より編集記者とウェブマスターを兼務、2004年3月にデジタル機器専門サイト「デジタルARENA」(現・日経トレンディネット)編集。
2005年3月より日本経済新聞社に出向し、東京編集局産業部でネット業界を担当。
2007年9月に日経BP社へ復帰して「日経ネットマーケティング」(現「日経デジタルマーケティング」)副編集長、2013年4月に同誌編集長に就任。2014年1月より「日経ビッグデータ」編集長を兼任。

リサーチ&コンサルティングサービスポスターセッション

データから戦略へ
~科学技術のデータベース世界NO.1企業が、経験とノウハウに基づきカスタマイズで創り出す、データを駆使した戦略立案用の情報とは?~

リサーチ&コンサルティングサービス事例を終日大ホール前のホワイエにて展示いたします。また、弊社コンサルタントとの相談窓口を終日設置しておりますので、ご相談をご希望のお客様は弊社営業までご連絡ください。

時間:10:15~17:30 (5Fホワイエにて)、17:30~19:00(4F 404/405にて)

トムソン・ロイター シンポジウム 2015 に関してのお問合わせは、下記よりお願いいたします。

トムソン・ロイター シンポジウム 運営事務局
Tel : 03-4589-3176(新保)/03-4589-3111(遠藤)
Fax : 03-4589-3240
Email:ts.info.jp@tr.com