<報道資料>フェーズ3成功率は世界的減少の傾向ながら、日本の存在感は2008年以降上昇。製薬企業間取引の中心は、引き続き「がん」