リサーチフロント2007

~トムソン:最先端研究領域において活躍する日本の研究者を表彰~

2007年9月21日
米国ペンシルベニア州フィラデルフィア/英国ロンドン発
*米国時間9月19日に発表されたプレスリリースです。

国際的な研究開発(R&D)領域において日本が影響力を維持し続けていることが認められました。本日、東京の丸の内ビルディングホールにて行われた学術シンポジウム Japan Research Day & Research Front Award 2007 にて、日本で研究が進められている10の領域において最も活躍しているとして、17名の科学者が Research Front Award 2007 の受賞者として発表されました。

トムソンサイエンティフィックはインフォメーションソリューションのリーディングプロバイダーです。当社の Essential Science Indicators (ESI) 製品を用いた計量書誌学的分析にもとづいて、今回の受賞者を発表しました。

第一線で活躍している 17 名の科学者の方々は、各領域における功績と、その領域における影響度を評価する、トムソンサイエンティフィックのリサーチフロント手法による分析の結果、選出されました。

リサーチフロント手法は、科学技術政策研究所 (NISTEP) による調査にもとづいて、 2006 年 4 月より実施されている第 3 回科学技術基本計画にも示唆を与えています。 NISTEP はその後もこの方法を用いて新しい科学領域および技術分野をモニターし、 2007 年 3 月には最新の報告書として「サイエンスマップ 2004 」 ( NISTEP Report No 100 )を刊行しています。

リサーチフロント手法は、 22 の学術分野の各々において最も高い頻度で引用されている上位 1% の論文(高被引用論文)の中から、科学者間の緊密なコミュニケーションの傾向を考察するものです。それらの高被引用論文がどのように関連しているかは、トムソンの ESI データベースに収録されています。 リサーチフロントと呼ばれるこのツールは、重要な研究が行われている領域や、科学界で特に焦点おかれている領域を特定することを支援します。

今回の受賞者は、さまざまな科学研究領域における貢献者として、各リサーチフロントに含まれる高被引用論文の著者の中から選出されました。 2001 - 2007 年の期間を対象に特定された 5,348 の リサーチフロントのうち、 16 %に 1 名以上の日本人著者が含まれていました。選考これは主に 2 つのレベル、それぞれの領域で最も引用された著者と、最も引用された論文の特定により行われました。より詳細な方法論については、こちらをご覧下さい。

これらの結果に基づく、日本人科学者が最も影響を与えた10の先端研究分野は以下のとおりです:

選出された10の研究領域(リサーチフロント)と17名の研究者
(Thomson Scientific Research Front Award 2007 受賞者)

それぞれのお名前をクリックすると、研究者・研究領域についての詳細をご覧になれます。

Research Front #170

機能性らせん高分子の発見、設計と合成

Research Front #700

自然免疫によるウイルス認識からインターフェロン産生にいたる経路の解明

Research Front #730

新規磁性形状記憶合金の開発

Research Front #933

酸化物磁性半導体のコンビナトリアル探索と室温強磁性の発見

Research Front #1461

カーボンナノチューブ可溶化・機能化デザインへの戦略的なアプローチ

Research Front #1509

燃料電池のスルホン化ポリイミド系電解質膜の開発

Research Front #1781

臓器の動きに関する精度を高めた4次元放射線医療

Research Front #3032

ポストペロフスカイト相転移の発見と地球の最下部マントルの研究

Research Front #4491

ビスマスペロブスカイトにおける強磁性強誘電体の探索

Research Front #6117

多機能性チオウレア触媒の設計と触媒的不斉付加反応への応用

「トムソンのリサーチフロント手法は、競争が激化する科学研究の分野において、日本の科学研究がどこで強い影響力をもち、先導的役割を果たしているかを、明確に特定することができます」とトムソンサイエンティフィック アジアパシフィックのヴァイス プレジデントであるマーク・ガーリングハウスは述べています。「我々は、今日の研究界に多大な影響を与えている受賞者一人一人に対して祝辞を送ります」


情報出所 : トムソンサイエンティフィック(Thomson Scientific)
2007年9月19日

本件問合せ先

Clarivate Analytics
担当:熊谷
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail

関連サイト