リサーチフロントとは?

リサーチフロントの方法論

リサーチフロントの方法論

研究領域のうち、特に最先端領域は、科学者間の密接なコミュニケーションのパターンから特徴付けることができます。このコミュニケーションは公的なものから私的なものまで様々な形をとって現れますが、この中でも特に顕著なものとして、ある研究者の著作から別の著作への引用があります。引用のパターンは、どのようにして研究者が互いの著作をもとに研究成果を築き上げるかという、きめ細かい選別のプロセスと、これらの研究の相互の関係を反映しています。このようなパターンを利用して、将来性のある研究の中心を成す論文群から特定研究領域の状況を描きだすことができます。こうしたリサーチフロント(先端研究領域)を同定する最初のステップは、あらゆる科学研究分野から高被引用文献(Highly Cited Paper)を徹底的に調査し、将来性の高い研究を選定する作業からはじまります。

高被引用文献

高被引用文献はリサーチフロントの構成要素であり、 22分野のそれぞれの上位1%の文献として定義づけられ、累積被引用数をもとに選出されます。トップに位置する文献を選ぶため、被引用数の各年、各分野ごとに閾値が設定されています。(2ヶ月ごとに更新される閾値の典型例については弊社ウェブページをご覧ください http://in-cites.com/thresholds-highly-cited.html

共引用パターンを利用したリサーチフロントの形成 

次のステップは、科学者自身の認識と利用パターンを描くことにより、高被引用文献がどのように相互に関連しているかを見出す作業です。 Essential Science Indicators SM (ESI) では、この手順をリサーチフロント分析と呼んでいます。これは共引用、つまり参考文献として一緒に引用される頻度によって高被引用文献をグループ分けするものです。共引用は著者のコンセプトの連関を映し出しており、頻繁に共引用される文献のあいだには、概念的あるいは方法論的に顕著な関連性があることがわかっています。こうして一対のペアをもとにした関連付けの後、あらかじめ設定された閾値以上でリンクする文献をグループ化するクラスタリング分析が行われます。その結果、各リサーチフロントのグループは、強い共引用によって関連付けされた高被引用文献のセットで構成されます。文献タイトルを言語学的に分析することにより、各フロントは名づけされます。

リサーチフロント分析では、すべての研究分野、あるいはすべての文献を識別することはできませんが、重要な研究が行われている領域や、研究コミュニティの注目を集めている領域を発見する上で役立ちます。リサーチフロント作成手順の詳細はウェブサイト ESI Special Topics で公開しています。 

先端研究領域をリードする日本人研究者の選出プロセス

この選出プロセスでは、 2001-2007年の最新のリサーチフロントデータベースを使用しました。まず、各リサーチフロントに含まれる高被引用文献にあらわれた著者アドレスにより所属機関を調査し、1つでも日本の研究機関を著者アドレスとして含んでいるものを抽出しました。2001-2007データに含まれる全5,348フロントのうち、866(16%)のフロントが日本の研究機関を著者アドレスとして含んでいました。これらのフロントにおいて日本人研究者が重要な貢献をしているかどうかを見極めるために、2種類の分析が行われました。まず、各フロント内で最も引用されている著者をつきとめ、次に、最も引用されている論文が同定されました。この両方が日本人著者によるものであった場合、この著者はその研究領域において顕著な功績をあげていると考えられ、候補者として選出されました。さらに、適切な大きさの研究領域を確保するため、5報以上の高被引用文献が含まれるフロントのみを対象とし、また2006-2007年にかけて被引用数が伸び続けているアクティブなフロントであるかどうかのチェックが行われました。

こうした分析の結果、最終的に 22のESI分野より、10のリサーチフロントが同定され、その研究領域をリードする17名の研究者が発表されました。

プレスリリースに戻る