トムソン・ロイター:25名の新たなノーベル賞有力候補者を発表

-日本からは元 財団法人濱野生命科学研究財団 小川脳機能研究所所長の小川誠二氏。アジア地域では唯一の選出-

2009年9月24日(JST)
米国ペンシルベニア州フィラデルフィア/英国ロンドン発
米国時間9月24日0時に発表されたプレスリリースです。

トムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区、ヘルスケア&サイエンスビジネス日本代表:長尾正樹)は、10月5日から予定されている「ノーベル賞」受賞者の発表に先駆け、「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉賞)」を発表しました。日本からは、医学・生理学の分野で、元 財団法人濱野生命科学研究財団 小川脳機能研究所所長の小川誠二(おがわ せいじ)氏が選ばれました。小川氏の受賞は、fMRI(磁気共鳴機能画像法)の基本原理を発見した功績によるもので、今回選出された25名の候補者のうち、アジア地域からは唯一となります。

トムソン・ロイターでは、世界最高水準の学術文献引用データベース「Web of Science®」に基づき、医学/生理学・化学・物理学・経済学の各ノーベル賞4分野において最も影響力があった研究者を分析・発表しています。当社の過去30年以上にわたる研究から、学術論文の被引用数と同分野における研究者間での高評価には、強い相関関係があることが分かっており、論文の引用頻度が高いことは、学術分野における、影響度の大きさを示しています。

<選考基準>
「トムソン・ロイター引用栄誉賞」は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用数に基づいて、各分野の上位0.1パーセントにランクする研究者の中から選ばれています。主なノーベル賞の分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野において最も引用されたトップ200論文)の数を調査し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリ(物理学、化学、医学・生理学、経済学)に振り分け、各分野で特に注目すべき研究領域のリーダーと目される候補者が決定します。
<ノーベル賞との高い相関性>
2002年に発表を恒例化してから昨年まで、本賞にノミネートされた人物92名(日本人8名)のうち、11名が実際にノーベル賞を受賞しています。


医学・生理学

トピック:for his fundamental discoveries leading to functional magnetic resonance imaging (fMRI), which has revolutionized basic research in brain science and diagnosis in clinical medicine (fMRI(磁気共鳴機能画像法)の基本原理の発見)

小川 誠二 (日本)
元 財団法人濱野生命科学研究財団 小川脳機能研究所所長
東北福祉大学 特任教授
論文1 (1990年)論文2 (1992年)論文3 (1990年)論文4 (1993年)

2009 Nobel Prize Winner!

トピック:for their roles in the discovery of and pioneering research on telomeres and telomerases (テロメア、テロメラーゼの発見とその先駆的な研究)

Elizabeth H. Blackburn (米国)
Morris Herztein Professor of Biology and Physiology, Department of Biochemistry and Biophysics, University of California San Francisco, San Francisco, CA, USA
論文1 (1991年)論文2 (1985年)論文3 (1989年)論文4 (2001年)
Carol W. Greider (米国)
Daniel Nathans Professor and Director, Department of Molecular Biology and Genetics, Johns Hopkins School of Medicine, Baltimore, MD, USA
論文1 (1990年)論文2 (1992年)論文3 (1995年)論文4 (1985年)
Jack W. Szostak (米国)
Professor of Genetics, Harvard Medical School, and Alexander Rich Distinguished Investigator at Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA; also, Howard Hughes Medical Institute Investigator
論文1 (1983年)論文2 (1990年)論文3 (1981年)論文4 (1984年)

ノーベル賞のサイトへ


2013 Nobel Prize Winner!

トピック:for their research on cellular membrane trafficking (細胞内膜交通の研究)

James E. Rothman (米国)
Fergus F. Wallace Professor of Biomedical Sciences, Professor and Chairman of Cell Biology, Professor of Chemistry, Yale University, New Haven, CT, USA
論文1 (1993年)論文2 (1994年)論文3 (1998年)論文4 (1993年)
Randy Schekman (米国)
Professor of Cell and Developmental Biology, University of California Berkeley, Berkeley, CA, USA; also, Howard Hughes Medical Institute Investigator
論文1 (1988年)論文2 (1980年)論文3 (1996年)論文4 (1994年)

ノーベル賞のサイトへ


化学

トピック:for his invention of dye-sensitized solar cells, now known as Gratzel cells (色素増感太陽電池「グレッツェルセル」の発明)

Michael Gratzel (スイス)
Professor and Director, Laboratory of Photonics and Interfaces, Swiss Federal Institute of Technology (EPFL), Lausanne, Switzerland
論文1 (1991年)論文2 (1993年)論文3 (1995年)論文4 (1996年)

トピック:for their pioneering research on electron charge transfer in DNA (DNA内の電子電荷移動に関する先駆的な研究)

Jacqueline K. Barton (米国)
Arthur and Marian Hanisch Memorial Professor of Chemistry and Chair of the Division of Chemistry and Chemical Engineering, California Institute of Technology, Pasadena, CA, USA
論文1 (1999年)論文2 (1986年)論文3 (1993年)論文4 (1996年)
Bernd Giese (スイス)
Professor, Department of Chemistry, University of Basel, Basel, Switzerland
論文1 (1983年)論文2 (1998年)論文3 (2000年)論文4 (2001年)
Gary B. Schuster (米国)
Provost and Professor, School of Chemistry, Georgia Institute of Technology, Atlanta, GA, USA
論文1 (2000年)論文2 (1999年)論文3 (1979年)論文4 (1997年)

トピック:for his development of organic asymmetric catalysis using enamines (エナミンを使った有機不斉触媒反応の発展)

Benjamin List (ドイツ)
Professor and Director, Max Planck Institute for Coal Research, Mulheim an der Ruhr, Germany, and Honorary Professor, University of Cologne, Germany
論文1 (2000年)論文2 (2002年)論文3 (2000年)論文4 (2002年)

物理

トピック:for their discovery of the Aharonov-Bohm Effect and the related Berry Phase, respectively (アハラノフ・ボーム効果の発見、ベリーの位相の発見)

Yakir Aharonov (米国/イスラエル)
Professor, Department of Physics, Computational Science and Engineering, Chapman University, Orange, CA, USA; also, Emeritus Professor, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel, and University of South Carolina, Columbia, SC, USA (joint appointment)
論文1 (1959年)論文2 (1987年)論文3 (1984年)論文4 (1990年)
Sir Michael V. Berry (英国)
FRS, Melville Wills Professor of Physics Emeritus, Department of Physics, University of Bristol, Bristol, UK
論文1 (1984年)論文2 (1972年)論文3 (1974年)論文4 (1985年)

トピック:for their pioneering research on quantum optics and quantum computing (量子光学と量子計算に関する先駆的な研究)

Juan Ignacio Cirac (ドイツ)
Director of Theory Division, Max Planck Institute for Quantum Optics, Garching, Germany
論文1 (1995年)論文2 (1998年)論文3 (2000年)論文4 (2000年)
Peter Zoller (オーストリア)
Professor of Physics, Institute for Theoretical Physics, University of Innsbruck, and Scientific Director, Institute for Quantum Optics and Quantum Information of the Austrian Academy of Sciences, Innsbruck, Austria
論文1 (1995年)論文2 (1998年)論文3 (2000年)論文4 (1997年)

トピック:for their prediction and discovery of negative refraction(負の屈折の予測と発見)

Sir John B. Pendry (英国)
FRS, Professor of Theoretical Solid State Physics and Head of the Condensed Matter Theory Group, Imperial College of Science and Technology, London, UK
論文1 (2000年)論文2 (1999年)論文3 (1996年)論文4 (1975年)
Sheldon Schultz (米国)
Research Professor of Physics, Department of Physics, University of California San Diego, San Diego, CA, USA
論文1 (2001年)論文2 (2000年)論文3 (2002年)論文4 (2001年)
David R. Smith (米国)
William Bevan Professor of Electrical and Computer Engineering and Director of the Center for Metamaterial and Integrated Plasmonics, Duke University, Chapel Hill, NC, USA
論文1 (2001年)論文2 (2000年)論文3 (2006年)論文4 (2006年)

経済学

トピック:for their contributions to behavioral economics, including issues of preferences, fairness, and cooperation(社会的選好、公平性、協調を含む行動経済学への貢献)

Ernst Fehr (スイス)
Professor and Director of the Institute for Empirical Research in Economics, University of Zurich, Zurich, Switzerland
論文1 (1999年)論文2 (2002年)論文3 (2000年)論文4 (2000年)
Matthew J. Rabin (米国)
Edward G. and Nancy S. Jordan Professor of Economics, Department of Economics, University of California Berkeley, Berkeley, CA, USA
論文1 (1993年)論文2 (1998年)論文3 (1999年)論文4 (2002年)

トピック:for their contributions to environmental economics, particularly with respect to climate change (環境経済学、特に気候変動に対する貢献)

William D. Nordhaus (米国)
Sterling Professor of Economics, Yale University, New Haven, CT, USA
論文1 (1975年)論文2 (1991年)論文3 (1994年)論文4 (1992年)
Martin L. Weitzman (米国)
Professor of Economics, Harvard University, Cambridge, MA, USA
論文1 (1974年)論文2 (1992年)論文3 (1976年)論文4 (1979年)

トピック:for their research on monetary policy (金融政策に関する研究)

John B. Taylor (米国)
Mary and Robert Raymond Professor of Economics, Stanford University, Stanford, CA, USA, and Bowen H. and Mary Arthur McCoy Senior Fellow, Hoover Institution, Stanford, CA, USA
論文1 (1980年)論文2 (1979年)論文3 (1977年)論文4 (1979年)
Jordi Gali (スペイン)
Professor, Department of Economics, and Director of the Center for Research in International Economics, Pompeu Fabra University, Barcelona, Spain
論文1 (1999年)論文2 (2000年)論文3 (1999年)論文4 (1998年)
Mark L. Gertler (米国)
Henry and Lucy Moses Professor of Economics, New York University, New York, NY, USA
論文1 (1999年)論文2 (1989年)論文3 (2000年)論文4 (1999年)

研究トピックなど、候補者についての詳細情報は、トムソン・ロイターのノーベル賞ウェブサイトでもご覧いただけます。


トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイター(TSX: TRI、NYSE: TRI)は、ビジネスや専門家向けの高度な情報を提供する世界的なリーディングカンパニーです。産業に関する高度な専門知識と先端技術を組み合わせ、金融・法律・税務会計・科学・医療・メディア分野の意思決定者向けに、世界で最も信頼される情報提供者としての役割を果たしていきます。100カ国以上で約5万人以上の従業員を抱えるトムソン・ロイターの本社はニューヨークに置かれ、ロンドンとイーガン(米国ミネソタ州)が主要なオペレーションセンターとして機能しています。


情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters)
2009年9月24日

弊社の予想が的中しました!

弊社の予想が的中しました!

本件問合せ先

Clarivate Analytics
担当:熊谷
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail

トムソン・ロイター引用栄誉賞

関連資料・サイト

過去のノーベル賞候補予想
プレスリリース