21名の新たなノーベル賞有力候補者を発表

~9回目を迎える「トムソン・ロイター引用栄誉賞」。日本からは山中伸弥京都大学教授、北川進京都大学教授、清滝信宏プリンストン大学教授が選出~

2010年9月21日(JST)
米国ペンシルベニア州フィラデルフィア/英国ロンドン発
米国時間9月21日6AMに発表のプレスリリースです。

トムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は、10月4日から予定されているノーベル賞受賞者の発表に先駆け、「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉賞)」を発表いたします。

今回、新たに有力候補として加えられた研究者は21人。そのうち、日本からは医学・生理学分野で山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長・物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)教授、化学分野で北川進京都大学iCeMS副拠点長・教授、そして経済学分野で清滝信宏プリンストン大学教授が選出されました。2002年にこの有力候補者発表を定期化して以来、日本人の経済学分野での選出は初となります。

<選考基準>
「トムソン・ロイター引用栄誉賞」は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用数に基づいて、各分野の上位0.1パーセントにランクする研究者の中から選ばれています。主なノーベル賞の分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野において最も引用されたトップ200論文)の数を調査し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリ(物理学、化学、医学・生理学、経済学)に振り分け、各分野で特に注目すべき研究領域のリーダーと目される候補者が決定します。

<ベースとなるデータ>
本賞は、世界最高水準の学術文献引用データベース「Web of Science®(注1)」に基づき、医学/生理学・化学・物理学・経済学の各ノーベル賞4分野において最も影響力があった研究者を分析・発表しています。当社の過去30年以上にわたる研究から、学術論文の被引用数と同分野における研究者間での高評価には、強い相関関係があることが分かっており、論文の引用頻度が高いことは、学術分野における影響度の大きさを示しています。

<ノーベル賞との高い相関性>
2002年に発表を恒例化してから昨年まで、本賞にノミネートされた研究者のうち15名が実際にノーベル賞を受賞しています。

<受賞者のコメント>

『これまで分子、イオンを用いて「空間の化学」を拓いてきましたが、世界の研究者にこれほど注目されるとは思いませんでした。サイエンスの分野での喜びは、「発見」、そしてそれが「驚き」に達し、「感動」を呼ぶような成果が得られたときです。「感動」の成果に向けて研鑽あるのみです。』
北川進京都大学教授

『トムソン・ロイター引用栄誉賞に選出いただきありがとうございます。今後も研究に励む所存です。』
清滝信宏プリンストン大学教授

 

医学・生理学
2012 NOBEL PRIZE WINNER!

トピック(カッコ内の日本語は参考訳):for the discovery of stem cells (McCulloch and Till) and the development of induced pluripotent stem cells (山中氏)(幹細胞の発見、および人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発)

山中 伸弥(日本/米国)
京都大学iPS細胞研究所長・物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)教授
グラッドストーン研究所 上席研究員
Science Watch日本版)|関連論文 (2006年)

ノーベル賞のサイトへ

Ernest A. McCulloch(カナダ)
Senior Scientist, Ontario Cancer Institute, Toronto, Ontario, Canada
James E. Till(カナダ)
Senior Scientist, Ontario Cancer Institute, Toronto, Ontario, Canada

トピック:for the discovery of leptin, a hormone regulating appetite and metabolism (食欲と代謝の調節ホルモン、レプチンの発見)

Douglas L. Coleman(米国)
Senior Staff Scientist Emeritus, Jackson Laboratory, Bar Harbor, ME USA
Jeffrey M. Friedman(米国)
Marilyn M. Simpson Professor, Laboratory of Molecular Genetics, Rockefeller University, New York, NY USA, and Investigator, Howard Hughes Medical Institute

2011 NOBEL PRIZE WINNER!

トピック:for the discovery of dendritic cells, key regulators of immune response(免疫応答の主要な調節因子である樹状細胞の発見)

Ralph M. Steinman(米国)
Henry G. Kunkel Professor and Senior Physician, Laboratory of Cellular Physiology and Immunology, Rockefeller University, New York, NY USA

ノーベル賞のサイトへ


 

物理学

トピック:for discoveries deriving from the Wilkinson Microwave Anisotropy Probe (WMAP), including the age of the universe, its topography, and its composition(ウィルキンソン・マイクロ波異方性探査機(WMAP)から届いたデータによる発見)

Charles L. Bennett(米国)
Professor of Physics & Astronomy, Department of Physics & Astronomy, Johns Hopkins University, Baltimore, MD USA, and Senior Scientist for Experimental Cosmology, NASA Goddard Space Flight Center, Greenbelt, MD USA
Lyman A. Page(米国)
Henry DeWolf Smyth Professor of Physics, Department of Physics, Princeton University, Princeton, NJ USA
David N. Spergel(米国)
Charles Young Professor on the Class of 1897 Foundation and Chair, Department of Astrophysical Sciences, Princeton University, Princeton, NJ USA

トピック:for observation and explanation of the transmission of light through subwavelength holes, which ignited the field of surface plasmon photonics(表面プラズモンなど、サブ波長格子アレイからの光透過に関する研究)

Thomas W. Ebbesen(フランス)
Professor, University of Strasbourg, and Director, ISIS (Institute of Science and Supramolecular Engineering), Strasbourg, France

2011 NOBEL PRIZE WINNER!

トピック:for discoveries of the accelerating rate of the expansion of the universe, and its implications for the existence of dark energy(宇宙膨張の加速と、その意味するダークエネルギーの存在に関する発見)

Saul Perlmutter(米国)
Professor, Department of Physics, University of California Berkeley, Berkeley, CA USA, and Senior Scientist, Lawrence Berkeley National Laboratory, Berkeley, CA USA
Adam G. Riess(米国)
Professor, Department of Physics and Astronomy, Johns Hopkins University, Baltimore, MD USA, and Senior Member, Space Telescope Science Institute, Baltimore, MD USA
Brian P. Schmidt(オーストラリア)
Australian Research Council Federation Fellow, Research School of Astronomy and Astrophysics, Australian National University, Weston Creek, Australia

ノーベル賞のサイトへ


 

化学

トピック:for the design and development of porous metal-organic frameworks, whose applications include hydrogen and methane storage, gas purification, and gas separation, among others(多孔性金属-有機骨格の合成法および機能化学の開拓、およびその水素とメタンなどの気体の貯蔵、精製、分離などへの応用)

北川 進(日本)
京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 副拠点長・教授
Science Watch日本版)|関連論文 (2003年)北川氏のResearcherID
Omar M. Yaghi(米国)
Jean Stone Professor, Department of Chemistry and Biochemistry, University of California Los Angeles, Los Angeles, CA USA

トピック:for the invention and application of DNA microarrays, a revolutionary tool in the study of variations in gene expression(遺伝子発現差異研究における革新的ツール、DNAマイクロアレイの発明と応用)

Patrick O. Brown(米国)
Professor, Department of Biochemistry, Stanford University School of Medicine, Stanford, CA USA, and Investigator, Howard Hughes Medical Institute

トピック:for pioneering research in bioinorganic chemistry, including the discovery of metallointercalators to disrupt DNA replication, an important contribution to improved cancer therapy(がん治療の改善における重要な貢献である、DNA複製を阻害するインターカーレーターの発見を含む無機生物化学における先駆的研究)

Stephen J. Lippard(米国)
Arthur Amos Noyes Professor, Department of Chemistry, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA USA

 

経済学

トピック:for formulation of the Kiyotaki-Moore model, which describes how small shocks to an economy may lead to a cycle of lower output resulting from a decline in collateral values that creates a restrictive credit environment(経済に対しての小さなショックがどのように生産性下落の循環を引き起こすかを示す清滝ムーアモデルの構築)

清滝 信宏(米国)
プリンストン大学教授(経済学)
Professor of Economics, Department of Economics, Princeton University, Princeton NJ USA
関連論文 (1997年)
John H. Moore(スコットランド/英国)
George Watson’s and Daniel Stewart’s Professor of Political Economics, University of Edinburgh, Edinburgh, Scotland, and Professor of Economics, Department of Economics, London School of Economics, London, England

トピック:for theoretical and empirical studies on the relationship between politics and macroeconomics, and specifically for research on politico-economic cycles(政治とマクロ経済学との関係、特に政治経済サイクルに関する研究)

Alberto Alesina(米国)
Nathaniel Ropes Professor of Political Economics, Department of Economics, Harvard University, Cambridge, MA USA

トピック:for pioneering empirical research in social economics, including wage inequality and labor demand, unemployment, addiction, and the economic return of investment in medical research, among other topics(賃金格差と労働需要、失業、依存症、医学研究への投資の経済的回収を含む、社会経済学における先駆的研究)

Kevin M. Murphy(米国)
George J. Stigler Distinguished Service Professor of Economics, University of Chicago Booth School of Business, Chicago, IL USA, and Senior Fellow, Hoover Institution, Stanford CA USA

研究トピックなど、候補者についての詳細情報は、トムソン・ロイターのノーベル賞ウェブサイトでもご覧いただけます。

(注1)Web of Scienceとは?
世界中の影響力の高い学術雑誌約11,000誌(2009年8月現在)を厳選し、包括的なアクセスを提供するオンライン学術文献データベースです。引用文献情報も収載しているので、文献の引用回数を調べたり、引用文献をたどって研究の発展や経過を調べたりすることができます。


トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは、ビジネスや専門家向けの高度な情報を提供する世界的なリーディングカンパニーです。産業に関する高度な専門知識と先端技術を組み合わせ、金融・法律・税務会計・科学・医療・メディア分野の意思決定者向けに、世界で最も信頼される情報提供者としての役割を果たしていきます。100カ国以上で約5万5千人の従業員を抱えるトムソン・ロイターの本社はニューヨークに置かれ、ロンドンとイーガン(米国ミネソタ州)が主要なオペレーションセンターとして機能しています。

ヘルスケア&サイエンスビジネス 日本代表 長尾正樹
ip-science.thomsonreuters.jp/about/


情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters)
2010年9月21日

弊社の予想が的中しました!

本件問合せ先

トムソン・ロイター
担当:熊谷・鳴島
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail

トムソン・ロイター引用栄誉賞

関連資料・サイト

過去のノーベル賞候補予想
プレスリリース