北川 進(きたがわ すすむ)氏のバイオグラフィー

北川氏

2010年ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉賞)

北川 進(きたがわ すすむ)

京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 副拠点長・教授


研究分野

錯体化学、配位空間の化学

学歴・職歴

1974年 京都大学工学部石油化学科 卒業
1976年 京都大学大学院工学研究科石油化学専攻修士課程修了
1979年 京都大学大学院工学研究科石油化学専攻博士課程修了
1979年 京都大学工学博士
1979 -1983年 近畿大学理工学部 助手
1983 -1988年 近畿大学理工学部 講師
1988 -1992年 近畿大学理工学部 助教授
1992 -1998年 東京都立大学理学部化学教室 無機化学第一講座 教授
1998 -2007年 京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻 教授
2007年 ‐現在 京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 副拠点長および
京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻(兼任) 教授

受賞歴

2002年 第19回日本化学会学術賞
2007年 Earl L. Muetterties Memorial Lectureship, University of California, Berkeley
2007年 平成19年度錯体化学会賞
2009年 第61回日本化学会賞
Humboldt Research Award Alexander von Humboldt-Foundation

その他

出身地 京都府
現住所 大阪府
生年月日・年齢  1951年7月4日(59歳)

 

ノーベル賞有力候補者トップページに戻る