研究機関プロファイルプロジェクト、第二弾調査に世界の学術界から高い関心

~日本を含むアジア諸国からの回答が3分の1を占め、バランスのとれたベースデータの構築が可能に~

2010年5月17日(JST)
米国ペンシルバニア州フィラデルフィア/英国ロンドン発
*米国時間5月10日に発表されたプレスリリースです。

半世紀以上に及ぶ研究引用データの権威であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は本日、”the Global Institutional Profiles Project”(研究機関プロファイルプロジェクト)の5段階調査プロセス(注1)の第2フェーズ”Academic Reputation Survey” (研究者による機関評価)の暫定結果を発表しました。今回は、選出された研究者・教育者からの機関評価を目的としたもので、様々な研究分野にわたる幅広く興味深いデータが得られました。

調査は、工学・技術、物理系科学、ライフサイエンス(生命科学)、臨床・前臨床・医療研究、社会科学、芸術・人文学の6つの分野に分類されています。全体の約3分の1の回答はアジアから寄せられ、特に中国と日本から多くのフィードバックがありました。今までの世界ランキングは北米と欧州の意見が過剰に投影されているという批判を受けがちでしたが、今回の回答パターンにより、各地域の意見をよりバランスよく反映したデータの提供が可能となりました。これは、今年から弊社が「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」誌の年間世界大学ランキングに提供していくベースデータにも適用されます。

今回は、使用言語による回答率の偏りを抑えるため、日本語、簡体字中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)、ポルトガル語(欧州)、英語の8ヶ国語が使用されました。米国を拠点に活動している多数の参加者が、回答には中国語を使用するなど、必ずしも居住国から回答に使用される言語を予見することはできませんでした。これは、世界の学界に高い流動性があることを示しています。

トムソン・ロイターの"the Global Institutional Profiles Project"(研究機関プロファイルプロジェクト)は、研究者による機関フィードバック、研究アウトプット、引用パターン、資金調達レベル、ならびに研究分野の特性や教職員・研究員情報など、様々な学術リソースを組み合わせて包括的なデータベースを構築する弊社の新しい試みです。これにより構築されるベースデータは、様々な仕様に合わせてパッケージ化や分析が可能なため、各研究機関の個別のニーズに合わせたカスタムデータの提供をすることができます。

トムソン・ロイターは、今後数ヶ月にわたって引き続き、学術的名声調査の結果を詳細に分析、報告していく予定です。詳しい情報およびリソースについてはウェブサイト(英文)をご覧ください。


注1:the Global Institutional Profiles Projectの5段階調査とは

the Global Institutional Profiles Project 5段階調査
  1. Opinion Survey(大学関係者がランキングに関してどのような意見を持っているか)
  2. Reputational Survey(大学の評価について、研究者・教育者からのフィードバックを収集)
  3. Institutional Data Collection(世界をリードする大学のファクトデータを収集)
  4. Data Validation(収集したデータの正当性の検証と解釈)
  5. Data Delivery(プロファイルデータの納品)
の5段階からなるトムソン・ロイターの研究機関調査で、世界の学術機関の包括的プロファイル製作を目的としています。タイムズ・ハイヤー・エデュケーション誌がこのデータを最初に使用して、2010年の世界大学ランキングを行います。

【関連プレスリリース】



トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイター(TSX: TRI、NYSE: TRI)は、ビジネスや専門家向けの高度な情報を提供する世界的なリーディングカンパニーです。産業に関する高度な専門知識と先端技術を組み合わせ、金融・法律・税務会計・科学・医療・メディア分野の意思決定者向けに、世界で最も信頼される情報提供者としての役割を果たしていきます。100カ国以上で約5万人以上の従業員を抱えるトムソン・ロイターの本社はニューヨークに置かれ、ロンドンとイーガン(米国ミネソタ州)が主要なオペレーションセンターとして機能しています。


情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters)
2010年5月10日

本件問合せ先

Clarivate Analytics
担当:熊谷
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail