米国の科学研究動向リポート、『グローバル・リサーチ・リポート:USA』を発表

~「もはや科学大国ではない」。ヨーロッパとアジアの科学研究の高まりにより、ゆらぐ米国の優位性~

2010年11月26日(JST)
米国ペンシルバニア州フィラデルフィア/英国ロンドン発
*米国時間11月12日に発表されたプレスリリースです。

世界的な情報・データベース企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は本日、同社が発行する『グローバル・リサーチ・リポート』シリーズの一環として、米国版リポート(Global Research Report: United States)を発表しました。

『グローバル・リサーチ・リポート:USA』は、ブラジルインド中国ロシアオーストラリア・ニュージーランドアフリカ日本に続きトムソン・ロイターが発行するリポートで、その国や地域における科学研究、共同研究の推移、ならびに世界の科学研究に占める地位などを論文や引用データからまとめたものです。今回の調査により、米国は研究の最先端を走ってはいるものの、もはや「科学大国」ではなく、EU27(注1)やアジア太平洋諸国(注2)の研究成果との差に縮小がみられること、指標によっては遅れをとりつつあることが報告されました。

本リポートの主な調査所見は次の通りです。

  • アジアとヨーロッパの研究は米国の研究を上回るスピードで伸びています。1981年、米国の科学者は世界の一流誌の掲載論文のうち約40パーセントを占めていました(注3)。2009年にはこの数字は29パーセントに減少しています。同時期、ヨーロッパ諸国の研究論文数は33パーセントから36パーセントに、アジア太平洋諸国地域は13パーセントから31パーセントに増加し、米国の論文数を抜きました。
  • 特に中国は研究論文のシェアを1981年の0.4パーセントから2009年の10.9%に飛躍させています。中国は現在、国レベルの比較では、研究論文数において米国に次いで第2位の位置にあります。
  • 米国はヘルスケア関係とバイオメディカル分野の研究には高額な投資を維持したものの、物理学や工学分野への投資は足踏みしました。対するアジア諸国は、自国の強力な産業・製造とリンクした関連研究を協力に推進し、材料科学や工学分野の研究で飛躍的な伸びを遂げました。

研究論文の影響力においては、米国は未だに世界平均を大きく上回っています。ヨーロッパ諸国はその差を狭めつつあり、特に英国は影響力の点において、米国と同等であり、ある分野では米国をしのいでいます。

本リポートはまた、米国の研究構造が成果の停滞に寄与している可能性を示唆しました。米国の研究論文が量と質の両方においてトップ大学に集中していること、2005年から2009年の5年間において、アメリカ大学協会(AAU)(注4)61機関からの論文が、米国全体の56パーセントを占めることを報告しています。リポートの著者は、米国のこのような研究の集中が科学研究におけるリーダーシップを維持する点において本当に効果的であるか疑問であると述べています。

この調査は、Web of KnowledgeSMプラットフォーム上で使用する世界最高水準の学術文献引用データベースWeb of ScienceSMと、研究評価ツールInCitesTMのデータを使用して作成しました。報告書はこちらからダウンロードすることができます。また、過去の「グローバル・リサーチ・リポート」もこちらでご覧いただけます。

(注1)「ヨーロッパ諸国」のデータはEU27をベースに抽出。(EU-27: オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、英国)

(注2)「アジア太平洋諸国」のデータは、日本、中国、インド、オーストラリア、韓国、台湾、シンガポール、ニュージーランド、タイ、マレーシア、パキスタン、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、フィリピン、スリランカ、ネパール、モンゴル、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ブルネイ。

(注3) トムソン・ロイターのWeb of Scienceデータベース索引による。データは国際研究論文の検索結果。

(注4)アメリカ大学協会(the Association of American Universities、AAU):高水準の学術研究と教育システムを維持するために設立された北米トップクラスの研究型大学の組織。有名大学や研究大学を中心に構成され、特に私立大学は著名な大学が名を連ねている。


Web of Scienceとは?

世界中の影響力の高い学術雑誌約11,600誌を厳選し、包括的なアクセスを提供するオンライン学術文献データベースです。引用文献情報も収載しているので、文献の引用回数を調べたり、引用文献をたどって研究の発展や経過を調べたりすることができます。


トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは、ビジネスや専門家向けの高度な情報を提供する世界的なリーディングカンパニーです。産業に関する高度な専門知識と先端技術を組み合わせ、金融・法律・税務会計・科学・医療・メディア分野の意思決定者向けに、世界で最も信頼される情報提供者としての役割を果たしていきます。100カ国以上で約5万5千人の従業員を抱えるトムソン・ロイターの本社はニューヨークに置かれ、ロンドンとイーガン(米国ミネソタ州)が主要なオペレーションセンターとして機能しています。

ヘルスケア&サイエンスビジネス 日本代表 長尾正樹
ip-science.thomsonreuters.jp/about/


情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters)

本件問合せ先

Clarivate Analytics
担当:熊谷
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail