24名の新たなノーベル賞有力候補者を発表

~10回目の「トムソン・ロイター引用栄誉賞」は、東北大学 電気通信研究所の大野英男教授を選出 ~

2011年9月21日(JST)
米国ペンシルベニア州フィラデルフィア/英国ロンドン発
米国時間9月21日6AMに発表のプレスリリースです。

トムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は、10月3日から予定されているノーベル賞受賞者の発表に先駆け、「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉賞)」を発表いたします。

今回、新たに有力候補として加えられた研究者は24人。そのうち、日本からは物理学分野で、東北大学 電気通信研究所・教授 東北大学 省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター・センター長の大野英男氏が選出されました。

<選考基準>
「トムソン・ロイター引用栄誉賞」は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用数に基づいて、各分野の上位0.1パーセントにランクする研究者の中から選ばれています。主なノーベル賞の分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野において最も引用されたトップ200論文)の数を調査し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリ(物理学、化学、医学・生理学、経済学)に振り分け、各分野で特に注目すべき研究領域のリーダーと目される候補者が決定します。

<ベースとなるデータ>
本賞は、世界最高水準の学術文献引用データベース「Web of ScienceSM (注1)」に基づき、医学/生理学・化学・物理学・経済学の各ノーベル賞4分野において最も影響力があった研究者を分析・発表しています。当社の過去30年以上にわたる研究から、学術論文の被引用数と同分野における研究者間での高評価には、強い相関関係があることが分かっており、論文の引用頻度が高いことは、学術分野における影響度の大きさを示しています。

<ノーベル賞との高い相関性>
2002年に発表を恒例化してから昨年まで、本賞にノミネートされた研究者のうち17名が実際にノーベル賞を受賞しています。

<受賞者のコメント>

『半導体で見られる強磁性の理解、その電界による制御などの基礎的研究を認めて頂きうれしく思います。引き続き基礎的研究を進めると共に、ここで明らかにした概念を用いて応用への展開もしていきたいと考えています。』

東北大学 電気通信研究所・教授
東北大学 省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター・センター長
大野英男


 

医学・生理学

トピック(カッコ内の日本語は参考訳): for their development of imatinib and dasatinib, revolutionary, targeted treatments for chronic myeloid leukemia (慢性骨髄性白血病(CML)に対する革新的な分子標的治療薬であるイマチニブとダサチニブの開発)

Brian J. Druker (米国)
Professor of Medicine, JELD-WEN Chair of Leukemia Research, and Director, OHSU Knight Cancer Institute, Oregon Health & Science University, Portland OR USA. Also, Howard Hughes Medical Institute Investigator.
Nicholas B. Lydon (米国)
Founder, Granite Biopharma, LLC, Jackson Hole, WY USA; Co-founder and Director, AnaptysBio, San Diego, CA USA; and Co-founder and Director, Blueprint Medicines, Cambridge, MA USA
Charles L. Sawyers (米国)
Marie-Josée and Henry R. Kravis Chair in Human Oncology and Pathogenesis, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, New York, NY USA. Also, Howard Hughes Medical Institute Investigator.

トピック: for their pioneering research in tissue engineering and regenerative medicine (ティッシュエンジニアリング/再生医療分野における先駆的研究)

Robert S. Langer (米国)
David H. Koch Institute Professor, Department of Chemical Engineering, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA USA
Joseph P. Vacanti (米国)
John Homans Professor of Surgery, Harvard Medical School; Surgeon-in-Chief and Chief of the Department of Pediatric Surgery and Director of the Laboratory for Tissue Engineering and Organ Fabrication, Massachusetts General Hospital, Boston, MA USA

トピック: for his discovery of the function of the thymus and the identification of T cells and B cells in mammalian species (哺乳類における胸腺機能の発見およびT細胞とB細胞の同定)

Jacques F. A. P. Miller (オーストラリア)
Emeritus Professor, Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research and the University of Melbourne, Parkville, Melbourne, Australia

トピック: for their discovery of two types of T lymphocytes, TH1 and TH2, and their role in regulating host immune response (2つのタイプのTリンパ球、TH1およびTH2の発見と宿主免疫応答制御における役割)

Robert L. Coffman (米国)
Vice President and Chief Scientific Officer, Dynavax Technologies, Berkeley, CA USA
Timothy R. Mosmann (米国)
Professor, Department of Microbiology and Immunology, and Michael and Angela Pichichero Director in the David H. Smith Center for Vaccine Biology and Immunology, University of Rochester Medical Center, University of Rochester, Rochester,NY USA

* Miller, Coffman, Mosmannの3氏は同系列の研究における受賞


 

物理学

トピック: for contributions to ferromagnetism in diluted magnetic semiconductors (希薄磁性半導体における強磁性の特性と制御に関する研究)

大野 英男(日本)
東北大学 電気通信研究所・教授
東北大学 省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター・センター長
関連論文(1996年)

トピック: for their tests of Bell's inequalities and research on quantum entanglement (ベルの不等式の検証と量子もつれに関する研究)

Alain Aspect (フランス)
CNRS Distinguished Scientist and Head of the Atom Optics Group, Laboratoire Charles Fabry, Institut d’Optique, Palaiseau France. Also, Professor at the Institut d’Optique and at the Ecole Polytechnique
John F. Clauser (米国)
Research Physicist, J.F. Clauser & Associates, Walnut Creek, CA USA
Anton Zeilinger (オーストリア)
Full Professor of Experimental Physics, University of Vienna, and Scientific Director, Institute of Quantum Optics and Quantum Information, Austrian Academy of Sciences, Vienna Austria

トピック: for their invention and development of photonic band gap (フォトニックバンドギャップを有する素材の開発と発明)

Sajeev John (カナダ)
University Professor of Physics and Canada Research Chair, Department of Physics, University of Toronto, Toronto, Ontario Canada
Eli Yablonovitch (米国)
Professor and James and Katherine Lau Chair in Engineering, Department of Electrical Engineering and Computer Sciences, University of California Berkeley, Berkeley, CA USA

 

化学

トピック: for the development and application of scanning electrochemical microscopy (走査型電気化学顕微鏡(SECM)の開発と応用)

Allen J. Bard (米国)
Hackerman-Welch Regents Chair in Chemistry and Director of the Center for Electrochemistry, Department of Chemistry and Biochemistry, University of Texas at Austin, Austin TX USA

トピック: for the invention and development of dendritic polymers (デンドリマーの発明と開発)

Jean M. J. Fréchet (米国/サウジアラビア)
Professor of Chemistry and of Chemical Engineering and Henry Rapoport Chair of Organic Chemistry, Department of Chemistry, University of California Berkeley, Berkeley CA USA, and Vice President of Research, King Abdullah University of Science and Technology, Thuwal, Kingdom of Saudi Arabia
Donald A. Tomalia (米国)
Distinguished Professor and Research Scientist, Department of Chemistry. and Director of the National Dendrimer and Nanotechnology Center, Central Michigan University, Mount Pleasant, MI USA. Also, Chief Scientific Officer, Dendritic Nanotechnologies, Inc., Mount Pleasant, MI USA
Fritz Vögtle (ドイツ)
Emeritus Professor, Kekulé Institute for Organic Chemistry and Biochemistry, University of Bonn (Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn), Bonn Germany

2013 Nobel Prize Winner!

トピック: for pioneering simulations of the molecular dynamics of biomolecules (生体高分子の分子力学シミュレーションへの貢献)

Martin Karplus (米国/フランス)
Theodore William Richards Emeritus Professor of Chemistry, Department of Chemistry and Chemical Biology, Harvard University, Cambridge, MA USA and Director, Laboratory of Biophysical Chemistry, ISIS, Louis Pasteur University, Strasbourg, France

ノーベル賞のサイトへ


 

経済学

トピック: for his analysis of financial intermediation and monitoring (金融仲介とモニタリングの分析)

Douglas W. Diamond (米国)
Merton H. Miller Distinguished Service Professor of Finance, Graduate School of Business, University of Chicago, Chicago, IL USA

トピック: for their contributions to econometrics, specifically the Hausman specification test and the White standard errors test (計量経済学、特にハウスマン検定およびホワイトの標準誤差検定への貢献)

Jerry A. Hausman (米国)
John and Jennie S. MacDonald Professor, Department of Economics, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA USA
Halbert L. White, Jr. (米国)
Chancellor’s Associates Distinguished Professor of Economics, Department of Economics, University of California San Diego, La Jolla, CA USA

トピック: for their description of rent-seeking behavior and its implications (レントシーキング活動とその意味の概念化)

Anne O. Krueger (米国)
Professor of International Economics, Paul H. Nitze School of Advanced International Studies, Johns Hopkins University, Washington, DC USA
Gordon Tullock (米国)
Professor Emeritus of Law and Economics, George Mason University School of Law, Arlington, VA USA

 

研究トピックなど、候補者についての詳細情報は、トムソン・ロイターのノーベル賞ウェブサイトでもご覧いただけます。


(注1)
Web of Scienceとは?
世界中の影響力の高い学術雑誌12,000誌以上を厳選し、包括的なアクセスを提供するオンライン学術文献データベースです。引用文献情報も収載しているので、文献の被引用回数を調べたり、引用文献をたどって研究の発展や経過を調べたりすることができます。

トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは、ビジネスや専門家向けの高度な情報を提供する世界的なリーディングカンパニーです。産業に関する高度な専門知識と先端技術を組み合わせ、金融・法律・税務会計・科学・医療・メディア分野の意思決定者向けに、世界で最も信頼される情報提供者としての役割を果たしていきます。100カ国以上で約5万5千人の従業員を抱えるトムソン・ロイターの本社はニューヨークに置かれ、ロンドンとイーガン(米国ミネソタ州)が主要なオペレーションセンターとして機能しています。

トムソン・ロイター・プロフェショナル株式会社 代表取締役社長 長尾正樹
ip-science.thomsonreuters.jp/about/


情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters)
2011年9月21日
Facebookでも情報を提供しています

本件問合せ先

トムソン・ロイター
担当:熊谷・鳴島
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail

トムソン・ロイター引用栄誉賞

関連資料・サイト

過去のノーベル賞候補予想
プレスリリース