(独)科学技術振興機構(JST)がトムソン・ロイターの「ScholarOne Manuscripts」を採用

~まず64誌が、このオンライン論文投稿・査読ツールの使用を開始~

2011年6月7日(日本時間)
東京、米国ニューヨーク州ニューヨーク/
ペンシルバニア州フィラデルフィア/英国ロンドン発(同時発表)

世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は、独立行政法人科学技術振興機構(以下JST)が、トムソン・ロイターの論文のオンライン投稿・査読ツールScholarOne ManuscriptsTMを採用したことを発表しました。まず、同機構の扱う64のジャーナルで2011年4月より順次利用が開始されています。

JSTでは、同機構の科学技術情報発信・流通総合システムJ-STAGEをバージョンアップするにあたり、サブシステムの導入を検討、さまざまな外部ソリューションを調査した結果、ScholarOne Manuscriptsを選択しました。日本語版を含めた本ツールの使いやすさとともに、日本人研究者にすでに広く認知・利用されている点が評価されたものです。

【J-STAGE(Japan Science and Technology Information Aggregator, Electronic)とは】

JSTが開発・提供する、日本国内の科学技術情報関係の電子ジャーナル発行を支援するサイトです。J-STAGE上で公開されている論文は、ChemPort、PubMed、CrossRefなどを経由し、海外の様々な電子ジャーナルサイト上の論文と相互にリンクされます。
また、同サイトは、電子ジャーナル公開とともに投稿から査読・審査までをオンライン化するシステムを利用機関に提供しています。今回のバージョンアップにより、この投稿審査システムが「J-STAGE3投稿・審査システム(ScholarOne Manuscriptsタイプ)」となりました。J-STAGEの位置づけに関する詳細はこちらをご参照ください。

【ScholarOne Manuscriptsとは】

直観的なインターフェースと豊富な機能を備え、国内外で高い評価を受けているオンライン論文投稿・査読システムです。学術論文のオンライン投稿を実現し、ピア・レビュー(論文審査)の管理および編集作業を簡易化することで、査読者は簡単な操作で論文の内容を確認することができます。原稿、抄録、要旨集、書籍、助成金・褒賞の管理から、編集、査読、および制作を簡便化する使い勝手の良さから、既に利用学協会数、ジャーナル数、投稿総数において、世界はもとより日本国内でもスタンダードとなっています。今回は、このツールをJ-STAGE3用にカスタマイズしてJSTをサポートいたします。
日本国内の販売・サポートは、株式会社杏林舎が行っています。ScholarOne Manuscriptsに関する詳細はこちらをご覧ください。

【JSTのイノベーション推進本部 知識基盤情報部 電子ジャーナル担当調査役 宮川謹至氏のコメント】

「日本の科学技術研究を国際的なレベルに保ち発展させていくためには、優れた研究開発成果をいち早く世界に向けて発信していくことが重要です。ScholarOne Manuscripts との連携により、日本の研究者がJ-STAGE3のジャーナルに投稿する際の利便性が大きく向上することを期待しています。」

世界の科学コミュニティの観点からも、科学的発見の推進において日本の存在は不可欠です。今回の連携は、学界と社会の発展に寄与するという杏林舎およびトムソン・ロイターの取り組みを体現するものです。
弊社では、今後も、日本語ユーザーへの情報共有を強化するとともに、発展する世界の学術コミュニケーションのニーズを取り込みながら、より身近で使いやすい製品を展開してまいります。

<独立行政法人 科学技術振興機構について>

独立行政法人科学技術振興機構(Japan Science and Technology Agency 略称JST)は、国民の幸福で豊かな生活の実現に向けて、新しい価値の創造に貢献し、国の未来を拓く科学技術の振興を進めます。科学技術の振興のためのさまざまなネットワークの構築・発展を図りながら、「新技術の創出に資する研究」「新技術の企業化開発」「科学技術情報の流通促進」「国際的な科学技術協力研究の推進・支援」「科学コミュニケーションの推進」の、5つの事業に取り組んでいます。

<株式会社杏林舎について>

杏林舎は110の主要な学協会を支援する日本の代表的な学術サービスプロバイダーであり、研究論文やアブストラクトを紙とオンラインでクロスメディア出版する事業をサポートしています。研究雑誌、プロシーディング、ニューズレター他の刊行物の編集サポート、制作、印刷から、オンラインジャーナルの技術コンサルテーション・制作・マネージメントや、研究データベースおよびソフトウエアの開発に至るまで、サービス領域は多岐に及んでいます。


トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは、ビジネスや専門家向けの高度な情報を提供する世界的なリーディングカンパニーです。産業に関する高度な専門知識と先端技術を組み合わせ、金融・法律・税務会計・科学・医療・メディア分野の意思決定者向けに、世界で最も信頼される情報提供者としての役割を果たしていきます。100カ国以上で約5万5千人の従業員を抱えるトムソン・ロイターの本社はニューヨークに置かれ、ロンドンとイーガン(米国ミネソタ州)が主要なオペレーションセンターとして機能しています。

トムソン・ロイター・プロフェショナル株式会社 代表取締役社長 長尾正樹
ip-science.thomsonreuters.jp/about/


本件問合せ先

Clarivate Analytics
担当:熊谷
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail