11回目の「トムソン・ロイター引用栄誉賞」で、21名(うち3名が日本人)の新たなノーベル賞有力候補者を発表

~ 医学・生理学分野に理化学研究所の竹市氏、化学分野に東京理科大学の藤嶋氏と首都大学東京の春田氏 ~

  • LinkedIn
 

2012年9月19日(JST)
米国ペンシルベニア州フィラデルフィア/英国ロンドン発
米国時間9月19日0時に発表されたプレスリリースです。

トムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、10月8日から予定されているノーベル賞受賞者の発表に先駆け、「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞有力候補者)」を発表いたします。新たに有力候補として21名を追加した中、医学・生理学分野および化学分野に日本人研究者が3名選出されました。

竹市氏 <医学・生理学>
理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター センター長
竹市 雅俊 (Masatoshi Takeichi)氏
 「細胞接着分子カドヘリンの発見」

受賞コメント
『生命の謎解きはわくわくする楽しい作業です。このような純粋基礎研究に社会的な栄誉をいただき身が引き締まる思いです。』
研究者インタビュー(2013年)

藤嶋氏 <化学>
東京理科大学 学長、東京大学 特別栄誉教授、
(財)神奈川科学技術アカデミー 最高顧問
藤嶋 昭 (Akira Fujishima)氏
 「本多・藤嶋効果(酸化チタンの光触媒反応)の発見」

受賞コメント

『光触媒の技術、その研究を認めて頂き大変うれしく思います。引続き研究を進めていくと共に、これからも深く広く展開していく可能性を秘めた技術が、世の中にもっと普及し、更なる向上に少しでもお役に立つ事が出来ればと思います。』
春田氏 <化学>
首都大学東京 名誉教授、首都大学東京大学院 都市環境科学研究科分子応用化学域 特任教授
春田 正毅 (Masatake Haruta)氏
 「金の触媒作用の独自な基盤的発見」

受賞コメント
『金にも触媒としての働きがあることを偶然見つけたのが30年前の1982年。以来、共同研究者や研究協力者、研究施設に恵まれ、研究を楽しみながら進めてきました。今後は、ナノ粒子よりさらに小さなクラスターに注目して、金の新しい触媒作用を生み出していきたいです。』
研究者インタビュー(2013年)

<選考基準>
「トムソン・ロイター引用栄誉賞」は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用数に基づいて、各分野の上位0.1パーセントにランクする研究者の中から選ばれています。主なノーベル賞の分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野において最も引用されたトップ200論文)の数を調査し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリ(医学・生理学、物理学、化学、経済学)に振り分け、各分野で特に注目すべき研究領域のリーダーと目される候補者が決定します。

<ベースとなるデータ>
本賞は、世界最高水準の学術文献引用データベース「Web of Science® (注1)」に基づき、医学・生理学、物理学、化学、経済学の各ノーベル賞4分野において最も影響力があった研究者を分析・発表しています。当社の過去30年以上にわたる研究から、学術論文の被引用数と同分野における研究者間での高評価には強い相関関係があることが分かっています。論文の引用頻度が高いことは、学術分野における影響力の大きさを示しています。

<ノーベル賞との高い相関性>
2002年に発表を恒例化してから昨年まで、本賞を受けた研究者のうち26名が実際にノーベル賞を受賞しています。 また 2011年ノーベル賞では、該当4分野の受賞者9名すべてが、過去この「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を受けていました。

21名のリストは以下の通りです。


医学・生理学

トピック(カッコ内の日本語は参考訳): for pioneering discoveries of cell adhesion molecules, Hynes and Ruoslahti for integrins and Takeichi for cadherins (細胞接着分子カドヘリンの発見(竹市氏)、細胞接着分子インテグリンの発見(Hynes氏、Ruoslahti 氏)

竹市 雅俊 (日本)
理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター センター長
関連論文(1977年)
Richard O. Hynes (米国)
Daniel K. Ludwig Professor for Cancer Research, David H. Koch Institute for Integrative Cancer Research, Massachusetts Institute of Technology, Howard Hughes Medical Institute Investigator , Cambridge, MA USA
Erkki Ruoslahti (米国)
Distinguished Professor, Center for Nanomedicine, Sanford-Burnham Medical Research Institute, University of California Santa Barbara, Santa Barbara, CA USA

トピック: for fundamental discoveries concerning histone modifications and their role in genetic regulation (ヒストン修節とその遺伝的調節における役割に関する基礎的発見)

C. David Allis (米国)
Tri-Institutional Professor and Joy and Jack Fishman Professor, Head, Laboratory of Chromatin Biology and Epigenetics, Rockefeller University, New York, NY USA
Michael Grunstein (米国)
Distinguished Professor of Biological Chemistry, Geffen School of Medicine, University of California Los Angeles, Los Angeles, CA USA

トピック: Hunter for the discovery of tyrosine phosphorylation and contributions to understanding protein kinases and their role in signal transduction, and Pawson for identification of the phosphotyrosine binding SH2 domain and demonstrating its function in protein-protein interactions(チロシンリン酸化の発見、およびシグナル伝達時のプロテインキナーゼの役割に関する研究(Hunter氏)、ホスホチロシンとSH2ドメインの結合、およびタンパク質間相互作用時の機能に関する研究(Pawson氏))

Anthony 'Tony' R. Hunter (米国)
American Cancer Society Professor, Molecular and Cell Biology Laboratory, Renato Dulbecco Chair, Salk Institute for Biological Studies, and Adjunct Professor, Section of Molecular Biology, University of California San Diego, La Jolla, CA USA
Anthony 'Tony' J. Pawson (カナダ)
Distinguished Scientist and Apotex Chair in Molecular Oncology, Samuel Lunenfeld Research Institute of Mount Sinai Hospital, Professor in the Department of Molecular Genetics, University of Toronto, Toronto, Ontario CANADA

物理学

トピック: for their pioneering description of a protocol for quantum teleportation, which has since been experimentally verified (量子テレポーテーションに関する先駆的研究)

Charles H. Bennett (米国)
IBM Fellow, Thomas J. Watson Research Center, IBM Corporation, Yorktown Heights, NY USA
Gilles Brassard (カナダ)
Canada Research Chair in Quantum Information Processing, University of Montreal, Montreal, Quebec CANADA
William K. Wootters (米国)
Barclay Jermain Professor of Natural Philosophy, Department of Physics, Williams College, Williamstown, MA USA

トピック: for discovery of photoluminescence in porous silicon (ポーラス・シリコンのフォトルミネセンスに関する発見)

Leigh T. Canham (英国)
Chief Scientific Officer, pSiMedica Ltd., Malvern, Honorary Professor, School of Physics and Astronomy, University of Birmingham, Birmingham, England, UNITED KINGDOM

トピック: Harris for the experimental demonstration of electromagnetically induced transparency, and Harris and Hau of 'slow light'(電磁誘導透過(Harris氏)と、その「遅い光」に関する実験的実証(Harris氏、Hau氏))

Stephen E. Harris (米国)
Kenneth and Barbara Oshman Professor of Electrical Engineering and Professor of Applied Physics Emeritus, Stanford University, Stanford, CA USA
Lene V. Hau (米国)
Mallinckrodt Professor of Physics and Applied Physics, School of Engineering and Applied Sciences, Harvard University, Cambridge, MA USA

化学

トピック: for the discovery of photocatalytic properties of titanium dioxide (the Honda-Fujishima Effect)(本多・藤嶋効果(酸化チタンの光触媒反応)の発見)

藤嶋 昭 (日本)
東京理科大学 学長、東京大学 特別栄誉教授、(財)神奈川科学技術アカデミー 最高顧問
関連論文(1972年)

トピック: for independent foundational discoveries of catalysis by gold (金の触媒作用の独自な基盤的発見)

春田 正毅 (日本)
首都大学東京 名誉教授、首都大学東京大学院 都市環境科学研究科分子応用化学域 特任教授
関連論文(1987年)
Graham J. Hutchings (英国)
Professor of Physical Chemistry and Director of the Cardiff Catalysis Center, Cardiff University, Cardiff, Wales UNITED KINGDOM

トピック: for discovery of colloidal semiconductor nanocrystals (quantum dots)(コロイド状半導体ナノ結晶(量子ドット)の発見)

Louis E. Brus (米国)
Samuel Latham Mitchill Professor, Department of Chemistry, Columbia University, New York, NY USA

経済学
2015 NOBEL PRIZE WINNER!

トピック: Atkinson for studies of income inequality and contributions to welfare state and public sector economics, and Deaton for empirical research on consumption, income and savings, poverty and health, and well-being(公共経済と福祉国家における所得の不平等に関する研究(Atkinson氏)、消費、収入、貯蓄、貧困、健康、健康・幸福に関する実証的研究(Deaton氏))

Angus S. Deaton (米国)
Dwight D. Eisenhower Professor of International Affairs and Professor of Economics and International Affairs, Woodrow Wilson School, Princeton University, Princeton, NJ USA

ノーベル賞のサイトへ

Sir Anthony B. Atkinson (英国)
Research Professor, Department of Economics, Oxford University, Oxford, England UNITED KINGDOM

トピック: for his arbitrage pricing theory and other fundamental contributions to finance (最低価格決定理論および金融に関するそのほか基本的な貢献)

Stephen A. Ross (米国)
Franco Modigliani Professor of Financial Economics and Professor of Finance The MIT Sloan School of Management, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge MA USA

2013 NOBEL PRIZE WINNER!

トピック: for pioneering contributions to financial market volatility and the dynamics of asset prices (金融市場の不安定性および資産価格の力学に関する先駆的貢献)

Robert J. Shiller (米国)
Arthur M. Okun Professor of Economics, Cowles Foundation for Research in Economics and Professor of Finance, The International Center for Finance, Yale University, New Haven, CT USA

ノーベル賞のサイトへ


研究トピックなど、候補者についての詳細情報は、トムソン・ロイターのノーベル賞ウェブページでもご覧いただけます。


(注1)
Web of Scienceとは?
世界中の影響力の高い学術雑誌12,000誌以上(2012年4月現在)を厳選し、包括的なアクセスを提供するオンライン学術文献データベースです。引用文献情報も収載しているので、文献の被引用数を調べたり、引用文献をたどって研究の発展や経過を調べたりすることができます。

トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは企業と専門家のために「インテリジェント情報」を提供する企業グループです。業界の専門知識に革新的テクノロジーを結びつけ、世界で最も信頼の置かれている報道部門をもち、ファイナンシャル・リスク、法律、税務・会計、知財・医薬・学術情報、メディア市場の主要な意思決定機関に重要情報を提供しています。本社をニューヨークに、また主な事業所をロンドンと米国ミネソタ州イーガンに構えるトムソン・ロイターは、100カ国以上に約60,000人の従業員を擁しています。

IP & Science ビジネス 日本代表 長尾正樹
ip-science.thomsonreuters.jp/about/


情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters)
2012年9月19日

2012年ノーベル賞
トムソン・ロイター引用栄誉賞との相関性は?

学術情報ソリューション SNSコミュニティー

Facebook

Twitter

本件問合せ先

トムソン・ロイター
担当:熊谷・鳴島
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail

トムソン・ロイター引用栄誉賞

関連資料・サイト

過去のノーベル賞候補予想
プレスリリース