2014年の「トムソン・ロイター引用栄誉賞」(ノーベル賞受賞者予測)を発表。理化学研究所の十倉好紀氏が再受賞

~ 十倉氏の受賞理由は「新しいマルチフェロイック物質に関する先駆的研究」。はじめて韓国の研究者も選出 ~

  • LinkedIn
 

2014年9月25日(日本時間)
米国ペンシルバニア州フィラデルフィア発
*米国時間9月25日0時1分に発表されたプレスリリースの抄訳です。

世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、ノーベル賞発表に先駆け、恒例の「トムソン・ロイター引用栄誉賞」受賞者を発表いたします。今年は9か国から、卓越した研究業績を持つ27名が選出されました。

日本からは、独立行政法人理化学研究所 創発物性科学研究センター センター長(併任:東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 教授)の十倉好紀氏が「新しいマルチフェロイック物質の発見」の功績により、物理分野で再度選出されました。十倉氏は過去にも「超伝導化合物の発見を含む、強相関電子酸化物に関する傑出した研究、および巨大磁気抵抗現象に関する研究」で同賞に選出されております。
2002年の本賞恒例化以来、ひとりの研究者が異なる研究トピックにより2回選出されるのは初めてのことです。

十倉氏 <物理学>
独立行政法人理化学研究所 創発物性科学研究センター センター長
東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 教授
十倉 好紀(Tokura Yoshinori) 氏
「新しいマルチフェロイック物質に関する先駆的研究」

受賞コメント
『マルチフェロイック物質やそれを用いた巨大電気磁気効果の研究は、開始して10年少しになりますが、現在は、より広く「トポロジーと磁性」に ついての研究へと発展中です。この間の進展には、共同研究者の方々に非常に多くを負っており、この機会に深く感謝したいと思います。私自身 は、新しいトムソン・ロイター引用栄誉賞をビタミン剤に今後も研究に精励したいと存じます。』

また、韓国科学技術院(KAIST)に所属するRyong Ryoo(劉龍/リュ・リョン)氏が、メソ多孔体材料に関する研究で、韓国から初の選出となりました。

<トムソン・ロイター引用栄誉賞とは>
「トムソン・ロイター引用栄誉賞」は、トムソン・ロイターのデータベースを用いた論文・引用分析において、ノーベル賞クラスと目される研究者を毎年9月に発表するものです。科学をより身近に認知し、人類の進歩に貢献する世界のトップ研究者をひろく讃える目的で2002年に恒例化し、今年で13回目を迎えました。ノーベル賞の科学系4賞(医学・生理学、物理学、化学、経済学)と同カテゴリで構成された本賞受賞者のうち、35名が実際にノーベル賞に輝いています。

<トムソン・ロイター引用栄誉賞の選考基準>
トムソン・ロイター引用栄誉賞は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用数を基に、各 分野の上位0.1パーセントにランクする研究者の中から選ばれています。主なノーベル賞の分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野において最 も引用されたトップ200論文)の数を調査し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリ(物理学、化学、医学・生理学、経済学)に振り分け、各分野で特に注目すべき研究領域のリーダーと目される候補者が決定します。
2006年の選出基準の見直しを行い、「同一人物の同じトピックでの受賞は行わず、殿堂入りとする」決定をいたしました。そのため、2002年から2005年までは連続受賞していた方もおりますが、それ以降の同一人物の受賞はありません。今回の十倉氏の選出は前回とは違う研究トピックであり、卓越した複数の研究を牽引した高い実績を評価する特例とも言えます。
本賞は、引用分析から「近い将来ノーベル賞を受賞する可能性の高い研究者」を発表することを目的としており、その年のノーベル賞受賞者を予測するものではありません。

<過去の日本人受賞者>
トムソン・ロイターが過去に発表した受賞者のうち、日本人19名のリストは以下のサイトをご覧ください。
2002-2014の日本人受賞者一覧
既にノーベル医学・生理学賞を受賞された山中伸弥氏および故人2名を除く16名の方々が、トムソン・ロイターの専門家による引用分析により導き出された、ノーベル賞クラスの研究者です。

<選出の根拠となるデータベース>
世界最高水準の学術文献引用データベース「Web of Science® Core Collection 」 に基づき、論文・引用分析を実施し、ノーベル賞4分野において最も影響力があった研究者を発表しています。当社の過去30年以上にわ たる分析から、学術論文の被引用数と同分野における研究者間での高評価には、強い相関関係があることが分かっており、論文の引用頻度が高いことは、学術分野における影響度の大きさを示すひとつの有力な指標となります。

今回の「トムソン・ロイター引用栄誉賞」受賞者は以下の通りです。なお、氏名の後ろに記載の国名は、所属機関の所在地を示しています。


医学・生理学

トピック(カッコ内の日本語は参考訳):For fundamental discoveries concerning eukaryotic transcription and gene regulation (真核生物の転写因子と遺伝子制御に関する基礎的発見)

James E. Darnell, Jr.(米国)
Vincent Astor Professor Emeritus, Laboratory of Molecular Cell Biology, Rockefeller University
New York, NY USA
Robert G. Roeder(米国)
Arnold and Mabel Beckman Professor, Laboratory of Biochemistry and Molecular Biology, Rockefeller University
New York, NY USA
Robert Tjian(米国)
Professor of Biochemistry, Biophysics, and Structural Biology, Department of Molecular and Cell Biology, University of California Berkeley, and President, Howard Hughes Medical Institute
Berkeley, CA, and Chevy Chase, MD USA

トピック: For elucidating molecular mechanisms of pain sensation (痛覚の分子レベルメカニズムの解明)

David Julius(米国)
Morris Herzstein Chair in Molecular Biology and Medicine, Professor and Chair of Physiology, University of California San Francisco
San Francisco, CA USA

トピック: For their discovery of large-scale copy number variation and its association with specific diseases (特定の疾患に対する大規模コピー数変異とその関連性に関する発見)

Charles Lee(米国)
Professor and Scientific Director of the Jackson Laboratory for Genomic Medicine
Farmington, CT USA
Stephen W. Scherer(カナダ)
Senior Scientist and Director, The Centre for Applied Genomics, The Hospital for Sick Children, Professor and Director, McLaughlin Centre, University of Toronto
Toronto ON CANADA
Michael H. Wigler(米国)
Professor and Head, Mammalian Cell Genetics Section, Cold Spring Harbor Laboratory
Cold Spring Harbor, NY USA 

物理学

トピック: For their pioneering research on ferroelectric memory devices (Scott) and new multiferroic materials (Ramesh and Tokura)(強誘電体メモリデバイス(Scott氏)と新しいマルチフェロイック物質(十倉氏、Ramesh氏)に関する先駆的研究)

十倉 好紀(日本)
独立行政法人理化学研究所 創発物性科学研究センター センター長
東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 教授 
関連論文(2003年) │ 引用情報付き論文リスト(ResearcherID)
研究者インタビュー(2010年3月) │ ScienceWatchインタビュー(英文:2010年)
Ramamoorthy Ramesh(米国)
Professor, Physics and MSE, and Associate Lab Director for Energy Technologies, University of California Berkeley
Berkeley, CA USA
James F. Scott(英国)
Director of Research, Department of Physics, University of Cambridge
Cambridge, UK

トピック: For theoretical and experimental research on the quantum spin hall effect and topological insulators (量子スピンホール効果とトポロジカル絶縁体に関する理論的・実験的研究)

Charles L. Kane(米国)
Class of 1965 Endowed Term Chair Professor of Physics, University of Pennsylvania
Philadelphia, PA USA
Laurens W. Molenkamp(ドイツ)
Professor of Physics and Chair of Experimental Physics, University of Würzburg
Würzburg, GERMANY
Shoucheng Zhang(米国)
J.G. Jackson and C.J. Wood Professor of Physics, Stanford University
Stanford, CA USA

トピック: For his contributions to nanowire photonics including the creation of first nanowire nanolaser (初のナノワイヤナノレーザの開発を含む、ナノワイヤフォトニクスに対する貢献)

Peidong Yang(米国)
S. K. and Angela Chan Distinguished Chair in Energy, Department of Chemistry, Materials Science and Engineering, University of California Berkeley, Kavli Energy Nanoscience Institute, and Materials Science Division, Lawrence Berkeley National Laboratory
Berkeley, CA USA

化学

トピック: For design of functional mesoporous materials (機能的なメソ多孔体材料の設計)

Charles T. Kresge(サウジアラビア)
Chief Technology Officer, Saudi Aramco
Dhahran, SAUDI ARABIA
Ryong Ryoo(韓国)
Director, Center for Nanomaterials and Chemical Reactions, Institute for Basic Science and Distinguished Professor, Department of Chemistry, Korea Advanced Institute of Science and Technology (KAIST)
Daejeon, SOUTH KOREA
関連論文(1999年)
Galen D. Stucky(米国)
E. Khashoggi Industries, LLC Professor in Letters and Science, University of California Santa Barbara
Santa Barbara, CA USA

トピック: For development of the reversible addition-fragmentation chain transfer (RAFT) polymerization process (RAFT重合法の開発)

Graeme Moad(オーストラリア)
Chief Research Scientist, CSIRO
Clayton, Victoria, AUSTRALIA
Ezio Rizzardo(オーストラリア)
CSIRO Fellow, CSIRO
Clayton, Victoria, AUSTRALIA
San H. Thang(オーストラリア)
Chief Research Scientist, CSIRO
Clayton, Victoria, AUSTRALIA

トピック: For their invention of the organic light emitting diode (有機発光ダイオード(OLED)の発明)

Ching W. Tang(米国/中国 - 香港)
Professor of Chemical Engineering at University of Rochester, and Bank of East Asia Professor, Institute for Advanced Study, Hong Kong University of Science and Technology
Rochester, NY USA and Hong Kong, CHINA
Steven Van Slyke(米国)
Chief Technology Officer, Kateeva
Menlo Park, CA USA

経済学

トピック: For contributions to Schumpeterian growth theory (シュンペータリアン型成長理論に関する貢献)

Philippe M. Aghion(米国)
Robert C. Waggoner Professor of Economics, Harvard University
Cambridge, MA USA
Peter W. Howitt(米国)
Lyn Crost Professor Emeritus of Social Sciences and Professor Emeritus of Economics, Brown University
Providence, RI USA

トピック: For their advancement of the study of entrepreneurism (企業家論の研究の発展)

William J. Baumol(米国)
Professor of Economics and Harold Price Professor of Entrepreneurship, New York University
New York, NY USA
Israel M. Kirzner(米国)
Emeritus Professor of Economics, New York University
New York, NY USA

トピック: For his pioneering research in economic sociology (社会経済学の先駆的研究)

Mark S. Granovetter(米国)
Joan Butler Ford Professor and Chair of Sociology, and Joan Butler Ford Professor in the School of Humanities and Sciences, Stanford University
Stanford, CA USA

Web of Science Core Collectionとは】

世界中の影響力の高い学術雑誌12,000以上(2014年4月現在)を厳選し、包括的なアクセスを提供するオンライン学術文献データベースです。引用文献情報も収載しているので、文献の引用回数を調べたり、引用文献をたどって研究の発展や経過を調べたりすることができます。詳しくは下記サイトをご覧ください。
Web of Science Core Collection 製品概要

Web of Scienceとは】

Web of Science は、Web of Science Core Collectionをはじめとする膨大な量の高品質な文献コンテンツを包括し、自然科学、社会科学、人文科学の情報の迅速な検索、分析、共有を支援する最高水準の調査研究プラットフォームです。詳しくは下記サイトをご覧ください。
Web of Science 製品概要

 
情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters)
2014年9月25日
英文プレスリリースはこちら

  • LinkedIn
 

Facebookでも情報を提供しています。

トムソン・ロイター

Web of Science (Clarivate Analytics)


トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは企業と専門家のために「インテリジェント情報」を提供する企業グループです。業界の専門知識に革新的テクノロジーを結びつけ、世界で最も信頼の置かれている報道部門をもち、ファイナンシャル・リスク、法律、税務・会計、知財・医薬・学術情報、メディア市場の主要な意思決定機関に重要情報を提供しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場されています。詳しい情報はhttp://thomsonreuters.com をご覧ください。

IP & Science ビジネス 日本代表 長尾正樹
ip-science.thomsonreuters.jp/about/


BACK TO TOP

学術情報ソリューション
SNSコミュニティー

Facebook

Twitter

2014年ノーベル賞
トムソン・ロイター引用栄誉賞との相関性は?

本件問合せ先

Clarivate Analytics
担当:熊谷
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail

トムソン・ロイター引用栄誉賞

関連資料・サイト

過去のノーベル賞候補予想
プレスリリース