Web of Scienceがリサーチマップの業績入力機能で連携開始

~研究者の業績入力で入力負担を軽減~

  • LinkedIn
 

2017年6月21日(日本時間)
東京発

クラリベイト・アナリティクス(本社:米国フィラデルフィア、日本オフィス:東京都港区)の保有するWeb of Scienceのデータが、2017年6月21日(水)より、リサーチマップ(researchmap)の業績入力機能で連携されます。リサーチマップは、日本の研究者総覧としてJST(科学技術振興機構)が運営しています。

Web of Scienceに収録される高品質な自然科学、社会科学、人文科学33,000誌のデータベースのうち、今回の連携で、学術雑誌約18,000誌および会議録約190,000件のデータについて論文情報を簡単にオンラインで取得し正確に入力することが可能となります。

JSTの運営するリサーチマップは、日本最大級の研究者総覧で、約25.7万人の研究者情報が登録されています。研究者の業績情報の管理や発信機能に加え、研究者同士のコミュニティ機能、共同研究相手を探す研究開発支援機能を備えており、大学の研究者総覧にも利用されています。

Web of Scienceとリサーチマップの連携により、より幅広い行政情報を簡便かつ正確に取得できるようになるため、研究者の入力負担が大きく軽減されます。


【Web of Scienceとは】

Web of Science は、Web of Science Core Collectionをはじめとする膨大な量の高品質な文献コンテンツを包括し、自然科学、社会科学、人文科学の情報の迅速な検索、分析、共有を支援する最高水準の調査研究プラットフォームです。
Web of science 製品概要

【researchmap(リサーチマップ)とは】

日本の研究者約25.7万人が登録する研究者総覧であり、研究者の業績情報の管理・発信機能、研究者同士のコミュニティ機能、共同研究相手を探す研究開発支援機能を備えている。JSTが運営していた研究者情報データベース「ReaD」と情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)が開発した「Researchmap」を統合し、平成23年11月からサービスを開始、平成26年4月にサービス名をresearchmapに変更した。サービスの提供及び運用はJSTが行い、サービスに関する研究開発はNIIがJSTの委託を受けて行っている。
詳細はこちら

  • LinkedIn
 

Facebookでも情報を提供しています。


クラリベイト・アナリティクスについて

クラリベイト・アナリティクスは、世界中のお客さまに信頼の置ける知見や分析を提供することでイノベーションを加速させ、新しい技術ソリューションのより迅速な発明・発見、保護、事業化をサポートします。トムソン・ロイターのIP & Science 事業を前身とするクラリベイト・アナリティクスは、科学と学術研究、特許調査と工業規格、製薬およびバイオテクノロジーに対するインテリジェンス、商標およびドメインブランド保護、そして知的財産マネジメントを主軸とする情報を保有し、業界をリードするビジネスを展開しています。クラリベイト・アナリティクスは4,000人以上の従業員を擁し、世界100カ国以上で事業展開する独立会社として、Web of Science、Cortellis、Thomson Innovation、Derwent World Patents Index, CompuMark、 MarkMonitor、そしてTechstreetなど、広く知られるブランドを所有しています。詳しくはClarivate.comをご覧ください。


BACK TO TOP

学術情報事業部
SNSコミュニティー

Facebook

Twitter

本件問合せ先

クラリベイト・アナリティクス
学術情報事業部 担当
〒107-6119
東京都港区赤坂5-2-20
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
FAX: 03-4589-3240
E-mail