Biomarkers Module

バイオマーカー研究の新しいスタンダード

Biomarkers Module は、実験的研究、医薬品の研究開発、臨床研究を関連づける類まれなバイオマーカーの情報源で、重要な洞察と意思決定を可能にします。

Biomarkers Module は、あらゆる主要な治療分野で活発に研究され、使用されているバイオマーカーを収載する包括的な単一の情報源です。標準化された用語集を提供するだけでなく、開発段階と疾病分野への分類を可能にした、これまでにないバイオマーカーデータベースです。

Biomarkers Module は、信頼性の高い内容と豊富な分析を提供し、厳格な編集基準と最高レベルの顧客サービスを備えています。頼りにしているバイオマーカーの信頼性を示し、各段階での意思決定を促すことで、臨床試験の計画と実行をサポートします。

Biomarkers Module はすべての主要な治療領域で積極的に利用されているバイオマーカー情報を集めたユニークなバイオマーカーデータベースです。バイオマーカーについて、それぞれのライフサイクルフェーズ/分野に分類して、実験研究、医薬の研究開発、臨床研究に結びつけることを目的としています。

Biomarkers Module のメリット

  • 疾病に関連しているバイオマーカーの発見
  • 個々のバイオマーカーの信頼性を判断
  • 標的の活動変更がバイオマーカーに及ぼす影響の有無を確認
  • 医薬品の安全性を提示
  • 最適な投与量の把握
  • 臨床試験に適切なバイオマーカーの種類を判断

Biomarkers Moduleが選ばれている理由

  • 腫瘍学、心臓血管疾患、糖尿病、呼吸器疾患、自己免疫疾患、神経障害など主要治療分野の文献、特許、会議、臨床試験情報その他の情報源で特定されたバイオマーカーに関する情報を網羅しています。
  • 各分野において臨床応用が確立されたバイオマーカーだけでなく、バイオマーカーの新しい利用法に関する情報も含まれています。
  • 関連文献、特許、ゲノミクス/標的、医薬・生物製剤、企業/研究機関、毒物学、臨床研究などの知識がコンテキストに合わせて配置されており、各バイオマーカーの重要性を評価できます。
  • 発見から応用まで、バイオマーカーのライフサイクルにおけるステータスを監視します。
  • 医薬業界の世界的な権威と認められている Thomson Reuters の専門家によって編纂および監修されており、研究機関・学術機関・規制機関の主要なオピニオンリーダーやステークホルダーも多数参加しています。

関連情報と合わせて一目できる信頼性の高いデータ

Biomarkers Module は、主要な治療分野(腫瘍、心臓血管、代謝、呼吸器、自己免疫、神経など)に関する文献、特許、学会、医療会議、およびその他の情報源で確認されたバイオマーカーを網羅しています。商業的に確立されているバイオマーカーに限らず、業界や学術団体の専門家が認知している有望なバイオマーカーも、治療分野ごとに整理されています。それぞれの記録内容は手作業で監修されており、バイオマーカー名、分類、関連する生理活性物質/活性プロセス、関連医薬品、役割/有用性、測定方法、診断キットの開発段階、検証段階といった情報が含まれます。

Biomarkers Module では、豊富なデータを、関連文献、特許、遺伝子/標的、医薬品/生物製剤、企業/研究機関、毒性、臨床試験といった関連情報に基づく独自の方法で整理することにより、各バイオマーカーの相対的な重要度を評価できるようになっています。さらに、バイオマーカーに関連する過去の各種参考文献へのリンクを含めることで、データをさらに充実させています。

開発生物学者: Biomarkers Module により対象としている疾患の生物学知識を得るとともに、対象医療分野におけるバイオマーカー技術の現状を理解できます。バイオマーカーを選ぶことで、新しい標的の改変が疾患過程に好影響を与えるかどうか、早い段階で判断できるようになります。

前臨床技師: Biomarkers Module により化合物が疾患にもたらす効果を示すバイオマーカーを特定できます。対象の疾患に該当するすべてのバイオマーカーを表示し、適切なバイオマーカーを選択でき、新しいバイオマーカーの研究にかける時間を節約できます。

臨床試験管理者: Biomarkers Module により特定の治療に最も高い治療効果を示す対象群を特定することができます。どのバイオマーカーを使用すべきかを知ることで、臨床試験の設計と効率を高め、成功率を改善できます。

Biomarkers Module は、Thomson Reuters Integrity®ユーザーへの追加オプションとしてご利用いただけます。またデータは、各社が独自に運用するバイオインフォマティクス・ソリューションへのXMLフィードとしてもご利用いただけます。

ご検討中のお客様

ご利用中のお客様

  • Internet Explorer 6 のサポートは
    2013年6月末で終了しました