Conference Proceedings Citation Index

世界最大級の会議録データベース

会議録文献情報(旧ISI Proceedings)がWeb of Science® Core Collection に組み込まれ、Conference Proceedings Citation Index(CPCI)となりました。

Conference Proceedings Citation Index は、Web of Science Core Collection に含まれるデータベースの 1 つであり、引用文献検索を使用して、学術会議や他の専門家会合が及ぼす影響の全貌を把握する上で役立ちます。論文、著者、会議の影響を追跡し、学術会議が研究のあらゆる側面に及ぼす影響を明らかにできます。

Conference Proceedings Citation Index は、データの 30% を学術雑誌、70% を書籍から抽出し、学術雑誌を主体とする他の Web of Science Core Collection 引用データベースの情報を補完および拡張します

Conference Proceedings Citation Indexのメリット

  • 研究を成功に導く、新しい理論、新しい解決方法、新出概念の兆候を発見
  • 会議で発表された論文の被引用状況を確認
  • 研究上のアイデアを、学術雑誌の公表に先立ち、最初に提示された時点で発見
  • 会議録入手の必要性の有無を判断
  • 会議録発行の有無を判断し、発行されている場合には発行元を特定
  • ご自分の研究の補完領域を専門としている潜在的な協力者を特定
  • 検索、論文作成、書誌情報作成を単一のプラットフォームで実行

Conference Proceedings Citation Index が
選ばれている理由 

  • 関連性が高いグローバルな収録範囲:会議録は、タイムリーで意味があるデータの収録を推進する一連の専門ガイドラインに従って入手および選択されます。
  • 統合環境で Web of Science® の他のデータやツールにもスムーズにアクセス:Conference Proceedings Citation IndexにWeb of Scienceプラットフォーム上でアクセスする場合には、所属機関が購読している他のすべてのWeb of Science リソースも同時に検索できます。また、引用文献検索などの強力なツールも活用できます。このプラットフォームに共通する1つの語彙を使用することで、他のデータベースでは別のカテゴリーに分類されるかもしれない関連用語のすべてが検索語とマッチするようになるため、より完璧で関連性の高い結果が得られます。
  • 引用された文献の検索:過去の研究を追跡して現在の進展状況をモニターし、ご自分の研究論文を誰が引用しているか知り、同僚の研究のインパクトを推し測り、今日の最もホットなディスカッションをたどることができます。時系列上や関連分野を自由に移動しながらナビゲートし、重要な情報を発見できます。
  • 充実した洞察をもたらす分析機能:Analyze Toolを使用して、隠れた傾向やパターンの発見、最新の研究分野の把握、代表的な研究者/研究機関/学術雑誌の特定が可能。また、Citation Report(引用レポート)で文献引用活動を捕捉し、見やすい形式のレポートを即座に作成して、個人や研究機関に関する重要な引用文献情報を表示できます。さらに、引用マップを使用して、引用文献のつながりを視覚化し、記事が持つ幅広い引用関係を発見できます。
  • 広範囲に及ぶ収録内容:英語圏で発行された論文に限定されない国際的な収録内容となっており、書籍、学術雑誌、レポート、逐次刊行物、予稿などからデータを収集しています。Conference Proceedings Citation Indexには、Science(CPCI-S)および Social Science & Humanities(CPCI-SSH)という2つのエディションが用意されており、特に工学、化学、物理学、生物学などの主要領域について、書籍と会議録から重点的に収録しています。この2つのエディションを合わせると、1990年以降の11万を超える会議録から約256の分野を網羅しています。
  • 最新の情報:Conference Proceedings Citation Indexは毎週更新されており、年間では約12,000の会議から約40万レコードが追加されています。
  • 書誌情報の統合管理:Conference Proceedings Citation Index を Web of Science®上で購読(要契約)すると、EndNote basicが無料でご利用いただけます。EndNote basicは、オンラインでの参考文献リスト保存、 他者との文献共有などが可能で、Conference Proceedings Citation Index と併せて利用することにより、参考文献へのアクセスと管理をより簡単に行うことができます。
  • フルテキストリンク:会議録の全文に直接アクセスできます。
  • アラート機能と RSS フィード:検索結果を保存して電子メールによりアラートとして通知することで、関心がある情報の最新状況を常に把握できます。
  • Web of Science®
    最高水準の調査研究プラットフォームにより、自然科学、社会科学、人文科学の情報を迅速に検索、分析、共有できます。論文の作成、研究協力者の人選、研究業績の分析、図書館の蔵書評価など、どのような目的で使用するかを問わず、Web of Science はユーザー好みの作業スタイルに対応できる設計となっています。
  • Web of Science® Core Collection
    オープン・アクセス・ジャーナルを含め、世界でも影響力の大きい 12,500誌以上(2015年12月現在)の権威ある学術雑誌を学際的に収録した、世界を代表する引用文献データベースにすばやくアクセスするための強力なツールを提供します。その収録範囲は 1900 年にまで遡り、自然科学、社会科学、人文科学の現在および過去を網羅しています。