Derwent Chemistry Resource (DCR)

Derwent Chemistry Resource (DCR)は、DWPIに収録された化学特許に索引されている特定化合物を検索するための化学構造データベースです。
DCRは、CPIセクションB、C、Eに分類された特許を対象にDWPI Update 199916に開始されました。
DCRは、化学構造フィールドおよび様々なテキストフィールドで検索が可能で、化学情報検索のスペシャリストに限らず初心者でも、DWPIの特定化合物の特許情報に簡単にアクセスすることができます。Merged Markush Service(MMS) やケミカルフラグメンテーションコードと併せて、化合物特許検索の重要なツールです。

収録化合物の識別番号であるDCRアクセッション番号を使って、DCRに収録された特定化合物とDWPIの特許レコードとをリンクさせることができます。このリンク機能の仕組みはSTNとDialogで異なります。

詳細はこちらの資料をご覧下さい。

ご利用方法

STN、Dialoglのオンラインシステムでご利用頂けます。

DWPI化学索引の出張講習会

STNでご利用頂けるDWPI DCR、Chemical Fragmentation code、Polymer Indexing codeの特長と使い方をワークショップ形式で解説します。ご希望に応じて講習内容や時間を調整いたします。
講習会の会場は、貴社の会議室または弊社(東京、大阪)のトレーニングルームです。
※Chemical Fragmentation codeとPolymer Indexing codeはCPI会員の方がご利用いただけます。

ご希望の方は御社名、部署名、ご氏名、お電話番号、メールアドレスを明記の上、ts.training.japan@tr.com にご送信下さい。