InCites

 

学術情報ソリューション SNSコミュニティー

Facebook

Twitter

InCitesはWeb of Science®の情報を元にした研究分析ツールです。InCitesを用いることで、研究機関・部局や研究センター・研究者・国などの単位で研究のパフォーマンスを簡単に分析することが可能です。

最新情報一覧

InCites 研究評価・分析 最新情報    

  • InCites Benchmarking

    Web of Scienceのデータを元に、大学・研究機関の強みや、世界水準との比較、注目すべき研究分野などを様々な角度から分析できます。

    InCites Benchmarkingを用いて、以下のような観点からの研究分析が可能です。

    • 相対比較による「競争力」
    • 論文数による研究の「生産性」
    • 被引用数による研究の「インパクト」
    • 研究の「効率性」
    • 時系列データによる生産性や効率性の傾向分析
    • 被引用数の高い論文数による研究の「卓越性」
  • Essential Science Indicators
    • 企業、研究機関、国、学術雑誌の研究業績を評価
    • 科学や社会科学の領域における重要動向を特定
    • トップクラスの国、学術雑誌、科学者、論文、研究機関を研究分野別にランク付け
    • 特定の研究分野における研究業績のアウトプットとインパクトを判断
    • 研究員、共同研究協力者、査読者、審査者の候補者を評価
  • Journal Citation Reports
    • 図書館ライブラリアンの皆様は、所蔵資料投資の価値をサポート、評価、文書化できます。
    • 出版社の皆様は、学術雑誌の市場影響力の判断、編集方針と戦略的方向性の再検討、競合他社の監視、新たな機会の特定に役立てることができます。
    • 著者および編集者の皆様は、論文発表の場として最適な、最も影響力がある雑誌を特定できます。
    • 研究者の皆様は、各自の研究領域で目を通しておくべき最新の文献リストをチェックする場として活用できます。
    • 情報分析や書誌情報の担当者の皆様は、計量書誌学的な、および引用の傾向やパターンを追跡できます。
  • Web of Science Profiles

    自機関内の研究業績管理と、研究分析機能を併せ持つマネジメントシステムです。 Web of Science Core Collectionからの論文データと、論文以外の研究活動を一括管理し、部局階層ごとの分析が可能です。

    特長
    • 自機関内の論文を、部局階層ごとに分析可能
    • Web of Scienceからのデータインポート機能で、業績の入力業務負担を軽減
    • InCites Benchmarkingの指標* による分析が可能(* 一部指標)
    • 分析項目を自由に組合わせたレポート作成機能
    • 論文以外の業績(著作、受賞・講演歴等)も入力でき、研究者の業績一覧作成も容易
  • Converis
    研究活動のライフサイクル全体を通じて組織内外の情報を管理する、最新の研究管理システム(CRIS)です。財務・人事など機関内の情報や、外部の論文データベース・研究者情報を一括管理できるため、各種業務の効率化と同時に、自機関のより深い研究評価・分析が可能になります。
  • コンサルティング&カスタムソリューション
    高い専門知識を持つアナリストが、Web of Scienceの情報を中心にデータを組合せ、大学・研究機関のパフォーマンスを多角的に分析します。表記方法が統一されていない研究者名を特定し業績(論文)一覧を作成する、研究者別論文リスト作成サービスも承ります。
  • Web of Science
    文献コンテンツを結びつけ、自然科学、社会科学、人文科学にわたる学際的な情報を迅速に検索・分析できるよう支援する、統合的研究プラットフォームです。
  • Web of Science Core Collection
    自然科学、社会科学、人文科学の書誌および引用文献情報です。
  • ResearcherID
    Web of Scienceプラットフォーム上で提供している無料オンライン学術コミュニティです。
  • Highly Cited Researcher
    科学と技術の発展に重要な貢献をした個人、教育機関、研究機関を特定できる無料の Web サイトです。
loading