【100年の引用】 Century of Science:自然科学分野のバックファイル

Century of Scienceは、1900-1944年に発表された画期的な研究へのアクセスを提供します

研究を行う上で、バックファイルがなぜ重要なのか。

それは、過去の研究を網羅したバックファイルを通じて、先人の研究の発展過程をたどることができるからです。過去の重要なターニングポイントを把握することで、自分の研究の進むべき方向性のヒントを見出すことができます。

Century of ScienceTMは、1900年から1944年の自然科学分野の包括的なバックファイルと引用文献データです。厳しい選定基準を経た情報コレクションにより、20世紀において最も影響を及ぼした科学研究情報をお届けします。Century of Scienceは、Web of ScienceTM Core Collection に追加する形で提供されます。

Century of Scienceのジャーナルリストはこちらをご覧ください。

今日の発展を築き上げた20世紀初頭の偉大な発見

  • 新世紀の幕開けに、マリー・キューリー夫人は、放射性元素、ポロニウムとラジウムの発見を科学界に発表し、その後の物質およびエネルギーの研究に根本的変化をもたらしました。
  • 1905年、アインシュタインは、特殊相対性理論を導き出し、その十年後には一般相対性理論を発表しました。これにより従来の考え方は完全に覆され、新たな驚くべき枠組みが取って代わることになりました。
  • 1922年、フレデリック・バンティングチャールズ・ベストが、膵臓の抽出物から糖尿病の治療に効果があるインシュリンを発見しました。
  • 1928年、アレクサンダー・フレミング卿は、アオカビが黄色ブドウ球菌のコロニーを破壊するのを確認しました。

これらは、科学発展新時代を幕開けした20世紀初頭の発見の一例です。しかし、まだ他にも、この時代を少なからず先導した業績が、昨今の研究に強いインパクトを与え続けています。

つい最近まで、こうした過去の成果を記録した出版物の多くは書庫や非公開コレクションに埋もれ、ごく限られた研究者しか見ることがきませんでした。しかし今では、これらの豊富な歴史的研究データがWeb of Science Core CollectionにCentury of Scienceとして追加され、オンライン上でご利用いただけます。

Century of Scienceプロジェクト
これまで入手できなった“埋もれていた”情報へアクセス

Century of Scienceプロジェクトでは、散逸したアーカイブや稀少コレクションを蒐集し、1900~1944年に発表された文献の完全な書誌・引用情報を単一プラットフォームWeb of ScienceTM上で提供します。

トムソン・ロイターの編集スタッフがWeb of Science Core Collectionの引用文献情報を分析して、1900~1944年発行の最も影響力を持つ重要な文献、雑誌を同定しました。各分野に精通する編集スタッフが、同定された雑誌セレクションが20世紀前半のすべての歴史的知見をもれなく収録しているかどうか、丹念にレビューしました。

次に、数十年前に書架から除かれたであろうコレクションの収集にあたりました。当時の学識を他者に先駆けて収集することの重要性を認識し、このプロジェクトの意義を十分に理解した専門家、協力機関の多大なサポートを受け、名門図書館や出版社の書庫、専門機関の歴史ファイルから文献を入手し、完全な書誌・引用情報を1つのファイルとして提供することが可能になりました。

データは、そのままでは真実を語ってはくれません。しかし、引用文献検索を用いれば、データを一定の文脈のもとで理解することができるようになります。だからこそ、研究者のみならず、何十年にもわたる重要な研究の収集に当たっている情報プロバイダーにとっても、これは価値の高いツールなのです。

図書館、学会、出版社:
Century of Scienceの実現を支えた世界の強力機関

こうした古い出版物のアーカイブを保管しているのは誰か。どこに行けば情報が得られるのか。――答えはあらゆる場所にありました。こういった貴重なジャーナル・雑誌が忘れ去られたように、保管庫の箱の中や、名門図書館の書庫、専門家協会の古いファイルの中に存在したのです。専門チームが協力を仰いだ機関の多くは、バックファイルのデータの編集と普及の重要性を理解し、チームが情報を借り出し、編集するのに協力してくれました。

  • テンプル大学(Temple University)
  • ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)
  • プリンストン大学(Princeton University)
  • トリニティ・カレッジ(ダブリン大学)(Trinity College (The University of Dublin))
  • ユニバーシティ・カレッジ・コーク(University College Cork)
  • ハイデルベルク大学(Heidelberg College)
  • 早稲田大学(Waseda University)
  • フィラデルフィア医科大学(The College of Physicians of Philadelphia)
  • ウプサラ大学(University of Uppsala)
  • 王立化学会図書館・情報センター(Royal Society of Chemistry Library and Information Centre)

各協力機関の協力を得てはじめて、Century of Scienceは、あちこちに散在するアーカイブや希少本のコレクションから貴重な研究情報を収集し、完全に索引化・リンク付けして、グローバルに利用可能なデータとして提供することが可能になりました。