ケーススタディ

ケーススタディ Web of Science Core Collectionバックファイル フラウンホーファー研究機構

ケーススタディ: セミコンダクターリサーチ 江崎玲於奈氏

レコード数: 237
引用回数: 14,808
引用回数平均/論文: 62
h指数 : 53

電子トンネルの共同発見者であり、江崎ダイオードの開発者である江崎氏の多大な影響を与えた論文は彼が1973年にノーベル物理学賞を受賞するきっかけとなりました。江崎氏はそのキャリアのほとんどをIBM Thomas J. Watson Research Centerで過ごしました。

 



フラウンホーファー研究機構にて:

フラウンホーファー研究機構の研究者によって書かれた76の論文は1つ以上の江崎氏の論文を引用しており、そこにはフラウンホーファー研究機構で最も被引用回数が多い論文も含まれています。下記のWaschke et. alによるものもその一例です。

 

江崎氏の論文でWeb of Science Core Collectionにて最もよく引用されたもの:

 

江崎氏の引用マップ: