Vol.4 輪講にも使えるWeb of Science Core Collection! ― よくわかる!Web of Science Core Collection 学生編

前へ 次へ
前へ 次へ

登場人物

ロイ太くん

ロイ太くん

理系の大学4年生。英語がちょっぴり苦手。卒論をどうするかが悩みのタネ。
 

トム田さん

トム田さん

ロイ太くんのゼミ仲間。Web of Science Core Collectionを使い、ただいま卒論の準備中。

神原先生

神原先生

ゼミの先生。Web of Science Core Collectionを使いこなし、自らの論文も世界中で引用されている。

 

輪講とは

輪読会、抄読会、雑誌会、教科書読み、論文読みなどとも呼ばれる勉強会。学生が教科書や誰かが書いた論文を読み込み、解説・発表する講義を意味します。

関連論文

ある論文や研究に関係がある論文のこと。この場合、この論文を引用した(された)論文のことです。

Web of Science Core Collection

論文執筆には必須のオンライン学術文献データベース。世界中の影響力の高い学術雑誌12,500誌以上(2015年12月現在)を厳選し包括的なアクセスを提供しています。引用文献情報も収載しているので、文献の引用回数を調べたり、引用文献をたどって研究の発展や経過を調べたりすることができます。詳しくは下記サイトをご覧ください。
http://ip-science.thomsonreuters.jp/products/web-of-science-core-collection/
http://www.webofscience.com

  • LinkedIn
 

Facebookでも情報を提供しています。

クラリベイト・アナリティクス

Web of Science (Clarivate Analytics)