リサーチフロント(先端研究領域)と、その領域で活躍する日本人研究者

リサーチフロント(先端研究領域)とは?

最先端の研究領域を的確に見いだす方法のひとつに、研究者間で交わされるコミュニケーションを対象とした分析手法があります。研究者のコミュニケーションは様々な形が取られますが、なかでも最新の成果が発表される論文の引用情報に基づく分析は有力な方法です。

論文の引用情報には、研究者が新たな研究成果を築くうえで基礎とした既知の成果や、それらの相互関係が反映されています。この引用パターンを分析すると、先端研究のコアとなる論文を導き出したり、強い関連性を有する論文同士をグループ化して最先端の研究領域を特定したりすることができます。以下の手順により導き出した先端研究領域を、トムソン・ロイターはリサーチフロントと呼んでいます。

共引用を利用したリサーチフロントの形成

リサーチフロントを同定する第一のステップは、科学全体を対象とする広範領域から、もれなく高被引用論文(Highly Cited Papers)を抽出することです。論文の発表後に他の論文から引用された回数を被引用数と呼びますが、トムソン・ロイターでは科学全体を22の研究分野に分け、それぞれの研究分野において被引用数が上位1%の論文を高被引用論文と定義しています。

一般的に被引用数は、論文発表から時間を経るほど高くなります。また研究分野ごとに被引用数の伸び方が異なります。その公平化を図るため、トムソン・ロイターでは、年ごとに各分野の上位1%となる被引用数のしきい値を定め、高被引用論文を特定しています。

第二のステップでは、「共引用」の関係から関連性の高い論文を特定し、高被引用論文をグループ化(クラスタリング)します。共引用とは、2つ以上の論文が、後に出版された論文の参考文献として同時に引用されることを指します。頻繁に共引用される論文は、概念的あるいは方法論的に顕著な関連性があることがわかっています。そこで共引用がある頻度以上で起きている論文群を特定しグループ化したものを一つの研究領域と見なし、これをリサーチフロントと呼んでいます。

リサーチフロント分析ではすべての研究分野、あるいはすべての文献を識別することはできません。しかし重要な研究が行われている領域や、研究コミュニティの注目を集めている領域を発見する方法として、非常に有効です。

リサーチフロントについてはhttp://sciencewatch.com/about/met/core-rf/ を、リサーチフロントの一般的な選出プロセスについてはhttp://sciencewatch.com/about/met/rf-methodology/ をご参照ください。

リサーチフロントアワードとは?

リサーチフロントアワードは、今後飛躍的な発展が期待される先端研究領域を特定するとともに、その領域で世界をリードする日本の研究機関所属の研究者を広く社会に紹介することを目的としています。トムソン・ロイターが分類した22の学術分野において、最も高い頻度で引用されている上位1%の論文(高被引用論文)のうち、後に発表された論文と一緒に引用(共引用)されている論文を分析し、先端研究領域および受賞者の選出を行っています。

第4回リサーチフロントアワード 受賞者とその研究領域

それぞれのお名前をクリックすると、研究者についての詳細をPDFでご覧になれます。

材料科学/Materials Science

グラフェン-六方晶窒化ホウ素の電子的および光学的特性
渡邊 賢司氏 リサーチフロント
渡邊 賢司氏
国立研究開発法人物質・材料研究機構
引用情報付き論文リスト(ResearcherID)
谷口 尚氏 リサーチフロント
谷口 尚氏
国立研究開発法人物質・材料研究機構
引用情報付き論文リスト(ResearcherID)

物理学/Physics

確率的な熱力学とゆらぎの定理

工学/Engineering

流動力学のモデリング

化学/Chemistry

神経科学/Neuroscience

報酬シグナルとして働くドーパミンニューロン

硫化水素によるシグナル伝達
木村英雄氏 リサーチフロント
木村 英雄氏
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
引用情報付き論文リスト(ResearcherID)

化学/Chemistry

*分野は、その領域の論文が掲載されたジャーナルの区分による。

【受賞者のコメント】

本受賞となる六方晶窒化ホウ素単結晶の研究は、偶然発見した強い遠紫外線発光現象がきっかけとなって発展させることができました。いまではグラフェンなどの原子層科学の基盤を支える重要な物質にもなってます。科学の芽はけっして思うようには伸びていかないもので、これからどんな花が咲くのか楽しみです。

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 渡邊 賢司氏

高純度立方晶窒化ホウ素(cBN)単結晶を得る為に高圧合成条件の改良を進めた結果、高純度cBN単結晶が得られました。この際原料に用いた六方晶窒化ホウ素(hBN)は同時に高純度に再結晶化し、予期せぬ高輝度遠紫外線発光特性が見出されました。更に現在はグラフェン等を始めとする2次元電子系デバイス基板等としての連携研究が進んでいます。これらの展開は予期せぬものでしたが、優れた共同研究者達に恵まれ、その特性が引き出されたことが何よりの要因であり、多くの共同研究者の皆さんに感謝致します。

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 谷口 尚氏

無限に広がる分子設計の自由度に魅了され、新しい有機半導体性分子や発光分子の創製に取り組んで参りました。必ず実社会に役に立つ有機ELデバイスへの応用を目指した分子を創ろうという強い思いが、絶妙な分子設計による画期的な電子機能や光機能の発現に繋がりました。有機光エレクトロニクスの研究分野では、有機化学・電子工学の融合と国境を超えた世界最先端の研究者の連携がこれから益々重要になっていきます。九大OPERAでは、多国籍異分野融合チームを作り、常にフロントランナーとして“Zero to One”を目指して、これからも有機光エレクトロニクスを開拓して行きたいと思います。

九州大学 安達 千波矢氏

熱力学と情報を融合する理論の構築をはじめ、非平衡統計力学の基本原理を探求する研究を行ってきました。このたびは大変栄誉ある賞をいただけたことを光栄に思います。これからも、物理学と情報科学の境界領域の更なる深化・発展に貢献できるよう、全力を尽くしていきたいと思います。

東京大学 沙川 貴大氏

リサーチフロントアワードに選出いただいたことを大変光栄に思います。私の流体構造連成解析に関する研究はライス大学でテズドゥヤー教授のポスドクとしてスタートし、帰国後さらに発展させて来ました。テズドゥヤー教授にはこれまでの共同研究およびメンターシップを、また議論を重ねてきた全ての共同研究者に感謝申し上げます。これらの研究は、早稲田大学およびライス大学のチームメンバー無しに遂げることはできませんでした。 日本は国際的にも、数値解析分野において多大な貢献があります。私はこうした諸先輩に憧れ、この研究分野に入りました。そんな私が、現在、日本の数値解析分野において貢献できていると言うことは大変嬉しいことです。

早稲田大学 滝沢 研二氏

大変栄誉ある賞をいただき、現在および過去の共同研究者の皆様、研究室や私を直接的、間接的に支えてくださっているすべての皆様に心から感謝申し上げます。研究室を立ち上げて7年目になりましたが、やっと少しずつ井戸の中に水が溜まって来ている感覚です。自分の置かれている環境の素晴らしさを常に意識しながら、精密分子触媒の限界を広げる研究に今後とも精一杯、精進して行く所存です。

東京大学 金井 求氏

持続可能な社会実現に向けて、医薬品などの精密合成に有効な環境調和型反応の開発は重要な課題です。我々は、「希少だが触媒活性の高い金属」に頼ること無く、安価で容易に入手可能な卑金属に対して高い触媒活性を付与するべく研究に取組んできました。新しい研究テーマとして実施した「コバルト触媒によるC-H活性化型反応」が高い注目を集めていることを大変うれしく思っております。まだ研究はスタートしたばかりの段階ですので、今後は実用性を高めていきたいと思います。

北海道大学 松永 茂樹氏

遷移金属触媒の分野は、多くの先人たちの基礎研究によって支えられてきました。その中で私たちの最近の研究がこのように高く評価されたことを心から嬉しく思っております。今回のコバルト触媒の発展のために尽力していくと同時に、これからも新しい触媒、新しい反応を世の中に送り出していけるよう、一層研究に邁進していきたいと思います。

北海道大学 吉野 達彦氏

長年、生物の生存に重要な記憶形成の神経メカニズムを研究して参りましたが、ショウジョウバエという無脊椎動物の基礎研究を高く評価していただけたことをとても光栄に思います。この度の受賞を推進力として、今後も神経科学に貢献する研究に邁進していきたいと思います。

東北大学 谷本 拓氏

シグナル分子としての硫化水素(H2S)研究は、最初の論文が掲載されてから20年になります。神経伝達調節、血圧調節、抗酸化ストレスなどの機能が明らかになり、さらに新たなシグナル分子ポリサルファイド(H2Sn)発見へとつながりました。私たちの研究がリサーチフロントとして認められ、このような栄誉ある賞を頂戴いたしますこと、関係の皆様、研究に携わってくださった方々に厚く御礼申し上げます。

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 木村 英雄氏

炭素-水素結合の触媒的活性化の研究は盛んに行われていますが、炭素-酸素結合をはじめとする他の不活性炭素結合の研究は、まだまだ未踏領域として興味ある研究分野です。われわれの研究が、不活性炭素結合の研究がさらに大きく展開するきっかけになればと期待しています。

大阪大学 茶谷 直人氏

全く予期せぬ受賞に驚くとともに、大変うれしく思います。基礎研究の結果が、多くの人に認められるまでに育つことはまれです。今回の結果は、それでもチャレンジをやめてはいけない、という叱咤激励と受け止めています。共同研究者たちとともに、変わらず自分たちの研究を推進したいと思います。

大阪大学 鳶巣 守氏

本分析について

2004年、2007年、2012年に続き4度目の発表となる本賞では、全世界12,188の先端研究領域(リサーチフロント)から、日本の貢献が高いと認められるフロント8つと、その中で顕著な功績が認められる日本の研究機関所属の研究者12名を発表いたします。

今回は研究内容とその成果の潜在的な可能性を重視し、最近の被引用数の伸びが著しく上昇傾向にある論文に着目してフロントを選出いたしました。12,188のフロントのうち日本の研究者が含まれている90についてさらに分析し、最終的に8つのフロントを決定しました。

【選出理由および使用データベース】

トムソン・ロイターの論文データベースWeb of ScienceTM Core Collection の2010-2015 年データの引用分析に基づいています。
詳しい分析手法はこちらをご参照ください。

BACK TO TOP

第3回リサーチフロントアワード 受賞者とその研究領域

それぞれのお名前をクリックすると、研究者・研究領域についての詳細をPDFでご覧になれます。

化学/Chemistry

らせん構造制御を基盤とする機能性高分子の開発

地球科学/Geosciences

地質学的な手法に基づき、19億年前の超大陸を復元し、北中国地塊の位置を推定

材料科学/Materials Science

1次元無機ナノ構造物質の探索・創製とその応用

植物学/Plant Sciences

化学/Chemistry

炭素-水素結合切断を経る酸化的カップリングの新手法開発

自己組織化によるナノメートルスケールの構造・空間・機能の創出

金属ナノ粒子触媒を用いた液相化学水素貯蔵材料の開発
塩山 洋氏 リサーチフロント
塩山 洋氏
(独)産業技術総合研究所

*分野は、その領域の論文が掲載されたジャーナルの区分による。

【受賞者のコメント】

「日本の科学研究が強い影響力をもち、先導的役割を果たしている最先端の分野の研究のひとつとして我々のこれまでの成果が認められたことを大変光栄に思います。今後も、インパクトの高い成果を発信できるように精力的に研究を進めていきたいと考えています。」

金沢大学 前田 勝浩 氏

「I am honored to be chosen for the Thomson Reuter Research Front 2012 Award. I am told that very few scientists attain such an exalted status. I consider this as a major achievement and recognition, as well as the reward for a lifetime of my hard work. This Award enthuses me to work further towards contributing to the scientific advancement for the benefit of the human society.」

高知大学 サントッシュ マダバワリヤー 氏(Dr. M. Santosh)

「The ease in fabrication of ZnO and ZnS nanostructures together with their fascinating electronic and optical properties make them, along with nanotubes and graphenes, the most prospective nanomaterials of the 21st century which should find smart applications in many advanced technologies.」

(独)物質・材料研究機構 デミトリ ゴルバーグ 氏(Dr. Dmitri Golberg)

「菌根共生シグナルとしてストリゴラクトンを単離してからのジェットコースター的展開の日々の中で、さらに今回、このような賞を戴けることを驚きと共に光栄に思っています。今後も、フロントランナーであり続けられるように努力していきたいと思います。」

大阪府立大学 秋山 康紀 氏

「最も普遍的な生物現象の一つである菌根形成に関与する化学因子を明らかにすることができ、科学の進歩に多少なりとも貢献できたことを喜んでおりました。今回、この基礎的研究を認めていただき、大学人として非常に名誉なことと嬉しく思っております。」

大阪府立大学 林 英雄 氏

「ストリゴラクトン研究が、寄生植物から菌根菌へ、そして植物ホルモンへと発展し、その成果を認めて頂いたことに感謝致します。今後は基礎と応用の両面で研究を深化させたいと思います。」

宇都宮大学 米山 弘一 氏

「医薬品や有機機能性材料などの精密合成において触媒的炭素結合形成反応は不可欠なツールの一つです。我々は、新しい効率的な環境調和型反応法の開発を目指して基礎的研究を行ってきましたが、最近の成果が認められうれしく思います。これまでに得られた知見を基に、応用面も視野に入れてさらに研究を展開していきたいと考えています。」

大阪大学 三浦 雅博 氏/佐藤 哲也 氏

「たいへん栄誉ある賞をいただき、関係の皆様や共同研究者にまずは厚く御礼申し上げます。自己組織化の研究に20年以上取り組んでまいりましたが、その間、自己組織化の概念や有用性を拡げつつ、波及効果の大きな研究に育てることを第一の目標に掲げてまいりました。それだけに今回の受賞は喜びもひとしおです。今後、自己組織化の研究がリサーチフロントからリサーチフィールドへと大きく発展することを願っております。」

東京大学 藤田 誠氏

「自己組織化で簡単にかつ精密に組み上がる美しいナノ構造体とその空間に秘められたユニークな現象に魅せられて、研究を続けて来ました。今回の受賞に感謝すると共に、これまでの知見をスマートな材料の開発に繋げて行きたいと考えています。」

東京工業大学 吉沢 道人 氏

「新しい液相化学水素貯蔵材料の提案と、実現のための触媒に関する基礎的研究が認められて嬉しく思います。引き続き研究を進め、エネルギー・環境問題の解決に繋げていきたいと考えています。」

(独)産業技術総合研究所 徐 強 氏(Dr. Qiang Xu)

「豊かで持続可能な社会を実現する上で、エネルギーの多様化は最も重要な課題の一つです。液相化学水素貯蔵材料に関連した、私共のナノ材料研究の成果を評価頂き感謝しております。今後も材料研究者として更なる展開を図りたいと考えています。」

(独)産業技術総合研究所 塩山 洋 氏

本分析について

3度目の発表となる今回は、研究内容とその成果の潜在的な可能性を重視し、最近の被引用数の伸びが著しく上昇傾向にある論文を含むフロントを選出いたしました。なお、6,762のうち、日本の研究者が含まれているフロントは1,175でした。

【選出理由および使用データベース】

トムソン・ロイターの論文データベースWeb of ScienceTM Core Collection の2006-2011 年データの引用分析に基づいています。
詳しい分析手法はこちらをご参照ください。

BACK TO TOP

第2回リサーチフロントアワード 受賞者とその研究領域

それぞれのお名前をクリックすると、研究者についての詳細をPDFでご覧になれます。

機能性らせん高分子の発見、設計と合成
岡本 佳男氏
岡本 佳男氏
名古屋大学

自然免疫によるウイルス認識からインターフェロン産生にいたる経路の解明

新規磁性形状記憶合金の開発

酸化物磁性半導体のコンビナトリアル探索と室温強磁性の発見
鯉沼 秀臣氏
鯉沼 秀臣氏
物質・材料研究機構、科学技術振興機構

カーボンナノチューブ可溶化・機能化デザインへの戦略的なアプローチ

燃料電池のスルホン化ポリイミド系電解質膜の開発
岡本 健一氏
岡本 健一氏
山口大学
喜多 英敏氏
喜多 英敏氏
山口大学
田中 一宏氏
田中 一宏氏
山口大学

臓器の動きに関する精度を高めた4次元放射線医療
白土 博樹氏
白土 博樹氏
北海道大学

ストペロフスカイト相転移の発見と地球の最下部マントルの研究
村上 元彦氏
村上 元彦氏
岡山大学

ビスマスペロブスカイトにおける強磁性強誘電体の探索
島川 祐一氏
島川 祐一氏
京都大学
高野 幹夫氏
高野 幹夫氏
京都大学

多機能性チオウレア触媒の設計と触媒的不斉付加反応への応用
本分析について

国際的な研究開発(R&D)領域において日本が影響力を維持し続けていることが認められました。日本で研究が進められている10の領域において最も活躍しているとして、17名の科学者が Research Front Award 2007 の受賞者として発表されました。

今回の受賞者は、さまざまな科学研究領域における貢献者として、各リサーチフロントに含まれる高被引用論文の著者の中から選出されました。 2001 - 2007 年の期間を対象に特定された 5,348 の リサーチフロントのうち、 16 %に 1 名以上の日本人著者が含まれていました。選考これは主に 2 つのレベル、それぞれの領域で最も引用された著者と、最も引用された論文の特定により行われました。より詳細な方法論については、こちらをご覧下さい。

BACK TO TOP

第1回リサーチフロントアワード 受賞者とその研究領域

符号分割多重アクセスを用いる広帯域移動無線通信技術の研究開発
安達 文幸氏
安達 文幸氏
東北大学

常染色体劣性若年性パーキンソン病の原因遺伝子の発見と機能解明
水野 美邦氏
水野 美邦氏
順天堂大学
服部 信孝氏
服部 信孝氏
順天堂大学

ロジウム触媒を用いた新しい触媒的不斉共役付加反応の開発
林 民生氏
林 民生氏
京都大学

ヒトゲノム中最大の膜蛋白質ファミリーの基本構造の解明
岡田 哲二氏
岡田 哲二氏
産業技術総合研究所

抗体の超変異及びクラススイッチの制御分子 AID の発見
本庶 佑氏
京都大学
村松 正道氏
京都大学

バイオポリマー系ナノ複合材料における階層構造の制御と機能設計
岡本 正巳氏
岡本 正巳氏
豊田工業大学

巨大ひずみ加工による超微細組織高性能金属材料の創製
堀田 善治氏
堀田 善治氏
九州大学

DNA 傷害で誘導される癌抑制蛋白質 p53 のリン 酸化による活性化の発見と解明
田矢 洋一氏
田矢 洋一氏
国立がんセンター

世界各地に異常気象をもたらすインド洋の大気海洋相互作用現象の発見とその機構の解明
山形 俊男氏

スピン三重項超伝導の発見と物性解明
前野 悦輝氏
前野 悦輝氏
京都大学

異物代謝・酸素ストレス応答を制御する Nrf2-Keap1 系の発見
山本 雅之氏
山本 雅之氏
筑波大学
伊東 健氏
独立行政法人科学技術振興機構

高等植物におけるリン酸リレー情報伝達とホルモン応答の分子基盤
水野 猛氏
名古屋大学

新規ホルモン“グレリン( Ghrelin )”の発見とその生理的意義の解明
寒川 賢治氏
寒川 賢治氏
国立循環器病センター
本分析について

リサーチフロント形成の最初のステップとして、累積被引用数をもとに 22 分野それぞれの上位 1% にあたる高被引用文献の抽出が行われました。次のステップとして、これらの高被引用文献がどのように相互に関連しているかを見出すために、共引用分析( 2 つの論文がひとつの文献に一緒に引用される頻度)が用いられました。

各リサートフロントにおいて高被引用文献として同定された文献のうち、著者アドレスとしてひとつでも日本の研究機関が含まれているものを抽出しました。 1998 ~ 2003 年データにおける 5,269 フロントのうち、 854 ( 16 %)のフロントが日本の研究機関を著者アドレスとして含んでいました。各フロントにおいて、最も引用された著者が日本人であり、かつ最も引用された論文が日本の研究機関を著者アドレスとして含んでいた場合、これらの日本人著者がその研究領域において多大な貢献をしていると判断されました。

この Research Front 分析は、 Essential Science Indicators の 6 年間( 1998 ~ 2003 年)のデータを用いて行われました。 ISI (現トムソンサイエンティフィック)により開発された Essential Science Indicators の Research Fronts データベースでは、書誌・引用情報をもとに、ある研究者の著作をほかの研究者の著作が引用するといった研究 の 相互の関連性を見出すことが可能です。 Research Fronts のグループは、共引用によって関連付けられた高被引用文献のセットで構成されています。
より詳細な方法論については、こちらをご覧ください。

BACK TO TOP