2016年版製薬R&Dファクトブック

2016年版製薬R&Dファクトブック

2015年世界医薬品市場での新規分子化合物 (NME) の世界初上市件数は44件となり、ピークだった2014年のよりも減りましたが、昨年は過去20年間で2番目の上市件数を達成するなど肯定的な傾向を示唆しています。

また医薬品の売上に関し2016年製薬R&Dファクトブックでは、2015年には世界の医薬品売り上げが1兆1000億ドルを超え、しかもこの伸びが2019年まで継続すると予想しています。しかしながら売上高の伸びが最近のNME上市件数と単純に創刊せず、最近の研究開発生産性改善を示すと思われる数字との相関性も確実ではないなど警戒すべき兆候にも触れています。


2003年以来、クラリベイト・アナリティクスは世界の主要製薬会社と共同で製薬R&Dファクトブックの編纂を継続しております。これによってR&Dの生産性を評価するとともに、R&Dの計画と有効性を強化する業界動向に関する洞察を提供してまいりました。 ファクトブックの基本となる情報は、R&Dパイプラインの規模、成功率、サイクル時間、地域比較、治療分野、ジェネリック医薬品など、業界全体に関する主要動向を対象とする弊社独自の一次情報、競合他社情報、一般公開情報です。


製薬R&Dファクトブック 2016年版エグゼクティブサマリ ダウンロードはこちらから

本件問合せ先
クラリベイト・アナリティクス

ライフサイエンス事業部 担当
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3103
E-mail