受講に必要な環境

利用時に必要なもの

  • インターネットのブラウザ
  • パソコン
  • インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン、または電話用のヘッドセット/スピーカーフォン
  • インターネット環境:56k 以上(実質、500k以上が望ましい)
  • Flash 9以上

システム要件

OSとブラウザの対応

  Windows Mac OS X* Linux
OS 2003Server、
Vista 32-bit/64-bit、
Windows7 32-bit/64-bit、
Windows8 32-bit/64-bit、
Windows8.1 32-bit/64-bit
10.6、
10.7、
10.8、
10.9、
10.10
Ubuntu 10x and 11x (Gnome)、
Red Hat 5、6、
Open SuSE 11.4、
Fedora 15、16 (すべての 32-bit)

システムの最小要件

  Windows Mac OS X* Linux
プロセッサ Intel Core2 Duo CPU 2.XX GHz または AMD プロセッサ (メモリ 2 GB 推奨) Intel プロセッサ (メモリ 512 MB 以上を推奨) Intel または AMD x8
JavaScript JavaScript (クッキーが有効) JavaScript (クッキーが有効) JavaScript (クッキーが有効)
その他 Active X が有効 (IE でブロック解除されていることを推奨) Sun Java 6 以降   Java 6、libstdc++ 6.0、GNOME/KDE
対応のシステム

ブラウザ

  Windows Mac OS X* Linux
Internet Explorer 7、8 (32-bit/64-bit)、
9 (32-bit/64-bit)、
10 (32-bit/64-bit)、
11 (32-bit/64-bit)
   
Mozilla      
Firefox** 最新版 最新版 最新版
Safari   5、6、7、8  
Chrome** 最新版(32-bit/64-bit) 最新版(32-bit/64-bit)  

*Mac からミーティングに参加
Mac OS X 10.7 以降 Apple は Mac OS での Java の提供を終了しました。これまで WebEx は、Java がインストールされておらずミーティングへの参加で問題を抱えている、初めてのユーザー用のミーティングアプリケーションの自動ダウンロードを Java ブラウザプラグインに依存していました。Java への依存を排除しました。代わりに、ユーザーには小さなプラグインのインストールが求められます。これにより、ミーティングアプリケーションの残りのイン ストールが自動処理され、ミーティングが開始できます。

Safari 6.X および Safari 7 上ではじめて Event Center を使ってイベントを開始または参加する際にエラーが発生します。WebEx のインストール後、イベントに参加または開始するサイトからのプラグインを信用するよう Safari が要求します。 その後でページが更新されますが、まだイベントには参加できません。 参加するには、選択した元のリンクを戻ることで無事参加できます。

*Chrome で WebEx を使用する
Chrome は NPAPI サポートを終了するため、Chrome 38 以降の WebEx の開始では、Chrome 拡張機能を使った新しい参加方法が提供されました。 Chrome 上ではじめて WebEx を使う際に、ユーザーは一回限りの操作による拡張機能の追加と WebEx アプリケーションの更新のための手順が示されます。 2 回目からはこの操作なしで参加できます。

*Linux パーソナル会議室には対応していません。

Windows XP および Internet Explorer 6 のサポート終了のお知らせ
Windows XPおよび Internet Explorer 6 のサポート終了のお知らせすでにご存知だと思いますが、マイクロソフトは2014年4月8日をもってWindowsXPのサポートを終了しています。まだWindowsXPをお使いのお客様はできるだけ早くWindowsの新しいバージョンにアップグレードすることをお勧めします。しかしながら、すべてのユーザーがMicrosoftのリリースに合わせてパソコンをアップグレードできる訳ではありません。WebExでは2014年末まで引き続きWindowsXPサポートを提供する予定ですが、WindowsXPによりMicrosoftの変更が求められるといった問題が起こった場合については、Microsoftによるアップグレードの提供が行われないため、WebExは問題解決のフィックスを提供することができません。 WebExは2015年1月をもってWindowsXPのサポートを終了しました。サポート済みWindowsへのアップグレードをお勧めします。
最新のウェブ標準への準拠に注力するため、WebExはWBS29.8でInternetExplorer6のサポートを終了します。
お使いのWebExサイトがWBS29.8に更新される前に、より新しいInternetExplorerまたは別のブラウザをご利用ください。

WebExとは

*WebEx社の無料セミナーにご参加すると、どのようなシステムか試すことができます。http://www.webex.co.jp/

  • インターネットを介して、様々なデータ、音声、映像を共有することが出来るサービスです。
  • ファイヤウォールやプロキシの貴機関のセキュリティ設定を変更する必要はありません。
    (トンネリングにより、貴機関とWebExサーバ間を仮想的な直結通信回路を確立します。)
  • Flashプレイヤー利用型:WebEx Event Center https://thomsonreutersjp.webex.com
    「Flashプレイヤー利用型」は、PCの音声機能から音声が自動的に流れるように設計されています。(Windows, Solaris, Linux, MacintoshのOSにて利用が可能です)
    Flash 9 かそれ以降が必要です。
    また、「Flashプレイヤー利用型」の講習会は、https://thomsonreutersjp.webex.com上で開催されるライブの講習会に限られます。ビデオ版、トレーニングセンターで開催されている講習会には、プラグインが必用となります。

セキュリティについて

  • 通信は全てSSLポートを利用して行います。(インターネットバンキングなどで利用されているポートです。)
  • 送信されるデータは全て暗号化されて送られる為、生のデータがインターネット上に出て行くことはありません。
  • ミーティング終了後、サーバにデータが保存されません。
  • 「Web Trust」、「SAS70」という第三者のセキュリティ認証を獲得していますので、WebExはセキュリティの高い設計になっています。